1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型ヴェゼル好調だが…先行き不透明なホンダと好転の兆しが見える日産… 2021年6月の国内販売で不調な2メーカーの今後を占う

MōTA / 2021年7月10日 19時30分

ホンダ 新型ヴェゼル「e:HEV PLaY」(ハイブリッド・FF/ボディカラー:サンドカーキパール&ブラック 2トーン)[2021年4月23日発売] [Photo:和田 清志]

2021(令和3)年6月度の乗用車販売台数ランキングが、自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)から発表された。国内の自動車販売事情に精通するカーライフジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が、販売が振るわない2つのメーカー「ホンダ」と「日産」の今後の販売状況について解説。復活の兆しが見える日産に対し、新型ヴェゼルが好調なホンダは、それ以外の好材料があまり見当たらないという。

ホンダ 新型ヴェゼル e:HEV Z(ハイブリッド・4WD) [Photo:茂呂 幸正]

2021年6月、国内の販売台数が伸び悩む「日産」と「ホンダ」だが、先行きは2社で随分異なる

前回は、前年に比べて5.3%増加した2021年6月の国内販売状況と、その中で安定した売れ行きを示すトヨタとダイハツ、そして前月5月に比べ台数を落としたスズキについて紹介した。

6月、同様に伸び悩みを見せているのが「日産]と「ホンダ」だ。2社の今後の動向について予測してみよう。

日産にはここから上向く材料がいくつもある

日産 新型ノート オーラ

日産は徐々にではあるが、上向く可能性がある。日産の社内からも「これまでは国内市場に対して消極的過ぎた」という反省の話も聞かれる。

6月15日に発表したノート オーラ(発売は2021年秋)に続き、EV(電気自動車)のアリア(こちらも発売は2021年から2022年初旬といわれる)、2022年の初頭には新型エクストレイルも発売する。さらにその先、軽のEVも控えているようだ。

写真は北米仕様の「ローグ」(日本名「エクストレイル」)

エクストレイルはもともと国内でも人気の高いSUVだ。フルモデルチェンジに伴い、圧縮比を走行状態に応じて変化させる直列3気筒1.5リッターターボエンジンを搭載する。この新開発パワーユニットに、ハイブリッドのe-BOXERを加えたタイプも併せて用意する見込みだ。

アリアや新型エクストレイルの発売で、日産車の国内販売が急増することはないが、新型車の発売が2年に1車種というここ最近の酷い状況からは脱する。そうなれば少しずつ国内販売も増えてくるだろう。

国内におけるホンダの現状からは好材料が見つからない

2020年11月に大規模なマイナーチェンジを実施したばかりで好調な「オデッセイ」だが、工場閉鎖の影響でモデル廃止されてしまうというから驚きだ

工場を閉鎖するから車種を廃止するという“本末転倒”

逆にホンダは心配だ。狭山工場の閉鎖に伴い、オデッセイ、レジェンド、クラリティを廃止する。工場はクルマを生産するために存在するので、車種を廃止したことで工場を閉めるなら理解できるが、工場の閉鎖によって車種を終了するのは本末転倒だ。

現行型シビック(奥が国内生産の4ドアセダン)

ホンダはシビックについても、一度国内販売を終了しながら、海外向けのシビックセダンを国内の寄居工場で新たに生産することになり、成り行き的に国内販売を復活させたことがある。

そのシビックセダンは、先ごろ改めて廃止され、5ドアハッチバックのみが2021年秋頃にフルモデルチェンジされる予定だ。

SUVブームの中でまったく売れていないCR-Vの惨状

北米で売られるホンダ車の中で最も売れている「ホンダ CR-V」だが、国内では惨敗状態にある

CR-Vも一度国内販売を終えて「予想以上にSUVの人気が高まり、ヴェゼルだけでは足りない」という理由で復活させた。しかし内装の質が低い割に価格は高いのでまったく売れていない。

2018年にCR-Vを復活させた時、1か月の販売目標を1200台に設定したが、2021年の登録台数は1か月平均で400台前後だ。目標を大幅に下まわり、モデル末期のエクストレイルにすら負けてしまう有様だ。

新型ヴェゼルの好調ぶりは唯一の好材料のはずだが、生産が追いついていない点に不安が残る

グレードによっては納車まで1年待ちだという新型「ヴェゼル」

2021年4月に一新されたヴェゼルは、納期が半年から1年に遅延している。先代型は狭山工場で生産したが、今は三重県の鈴鹿製作所だ。

鈴鹿はN-BOXを始めとする軽自動車のNシリーズとフィットを生産しており、以前から過密な状態だった。そこに狭山工場の閉鎖に伴ってヴェゼルまで加えたから、生産が影響を受けている面もある。

大丈夫!? 場当たり的で統制が取れていない国内のホンダ

高価格帯の割に売れているオデッセイを廃止するのは大きな判断ミスだ

このようにホンダの国内販売は、全般的に場当たり的で統制がとれていない。メーカーの販売順位も、2021年6月はスズキが下がったから3位だが、通常はトヨタ、スズキ、ダイハツに次ぐ4位になっている。

2021年秋にフルモデルチェンジする新型シビック, マイナーチェンジからわずか1年余りで販売終了されることになる「オデッセイ」

2021年秋にフルモデルチェンジする新型シビック, マイナーチェンジからわずか1年余りで販売終了されることになる「オデッセイ」

話をオデッセイに戻すと、ホンダ内部でも「オデッセイは中国製を輸入しても存続すべきではないか」という話が出ている。2020年のマイナーチェンジ後は、1か月に1700~1800台を登録しているので、売れ筋価格帯が350万円を超えるホンダ車では登録台数が最も多い。オデッセイは知名度も高いので、廃止する判断は間違いだ。

国内での積極姿勢を見せ始めた日産と、混沌とした状況のホンダ

結局のところ「日本のユーザーや市場に対する思い入れ」で、国内の売れ行きは変わる。

日産は2011年頃から国内を冷淡に見るようになり、売れ行きも下がった。国内販売ランキングも、従来の2位から5位に下がった。それを最近は改め始め、国内への新型車投入を続けるなど販売に力を入れ始めている。

低価格のN-BOXだけが売れ続ける国内のホンダは健全な状況とは言えない

ホンダは逆に、以前に比べると冷めてきた。目立って売れているのは国内専用の軽自動車N-BOXくらいだ。

メーカーが厳しい状況に置かれているのは理解できるが「どこの国のメーカーですか?」と問われた時、返答に窮するのは悲しいことだろう。ホンダの今後の展開に期待したい。

[筆者:渡辺 陽一郎(カーライフジャーナリスト)/撮影:MOTA編集部・Honda・NISSAN・和田 清志・茂呂 幸正]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング