1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型カローラ クロス、充実装備でも手ごろな価格設定で「エントリーグレードでも廉価グレードではない」の声【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年9月17日 10時0分

トヨタ 新型カローラクロス

2021年9月14日(火)より発売開始したトヨタ 新型カローラ クロス。発売前から事前予約がスタートしており、既に約1.5万台の受注を記録するなど、当初の予想通り好調な滑り出しを見せている。SNS上では199万9000円(税込)のエントリーグレードでも十分な装備と、パッケージングの高さに驚きの声が相次いでいる。ここではそんな新型カローラ クロスについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

トヨタ 新型カローラクロス

新型カローラ クロス、充実した装備を誇りながらも価格は驚きの199万9000円~

新型カローラ クロス

トヨタ 新型カローラ クロスは、SUVらしいダイナミックで洗練された外観デザインに、内装では水平基調のすっきりとしたインパネデザイン、頭上空間にもゆとりを持たせ快適で広い室内空間を実現。

SUVとして荷室容量は5人乗車時でもクラストップレベルの487リットルを実現するほか、荷室開口部は地面から720mmに設定し、小柄なユーザーへも配慮しているほか、リヤバンパー下に足を出し入れするだけで両手がふさがっている状態でも簡単にバックドアの開閉ができるハンズフリーパワーバックドアの装備も設定している。

安全性の高さも特徴で、全車速追従型レーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシストなどが備わる先進安全技術「トヨタセーフティセンス」を全車で標準装備する。

また、パーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG"X"を除く全グレードに標準装備するほか、ペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートも設定されている。

搭載するパワートレインは、1.8リッターハイブリッドと1.8リッターガソリンの2種類を用意し、ハイブリッドモデルでは4WDも設定する。価格(税込)は、ハイブリッドモデルが259万円~319万9000円で、ガソリンモデルは199万9000円~264万円。

一番安いエントリーグレードでも十分な装備

新型カローラ クロス

そんな魅力的な価格・パッケージングを誇る新型カローラ クロスについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

そのほとんどで、驚きとともにポジティブな声が挙がっている。

「すべてのグレードにおいて先進安全装備が標準装備されているのはすごい」

「価格が手頃なベースグレードでも標準装備である程度付いているから最上級のZやその下のSじゃなくても魅力充分」

「エントリーやベースグレードでもこのまま普通に乗れてしまう」

「エントリーグレードでも廉価グレードではない」

「一番安い199万円のグレードでもLEDヘッドランプ、セーフティセンス、オートエアコン、オーディオディスプレイが標準で付いている。これで十分」

など、割安な199万9000円のエントリーグレードでも十分な装備で、魅力的といった声が非常に多く挙がっている。中には、

「これまでトヨタのエントリーグレードは、この値段・装備出すなら他のトヨタモデルも狙えそう、と検討させる見せ球として絶妙なランナップだったのに対し、新型カローラ クロスはエントリーモデルの時点で魅力的」

といった鋭い指摘も。

その一方で、一部では、

「安いし、エントリーグレードでも十分な装備。だけど販売比率的にはハイブリッドだろう。そうすると、ハイブリッドは諸々込みで300万円前後くらいとお得感は急に減る」

「ハイブリッド技術で世界をリードするトヨタなら、ハイブリッドモデルでももう少し値段を抑えてほしい」

と、人気の高いハイブリッドモデルでは価格アップは避けられず、ハイブリッドモデルの価格改善要望も見受けられた。

新型 カローラ クロス

そんな中、新型カローラ クロスの登場により、より充実したSUVラインナップを誇るトヨタについても、

「たくさんのSUVを揃えておきながら、キャラクターがどれも被っていないというのがすごい」

「これだけSUVがラインナップしていると買う側からしたら選びやすい。トヨタだからこそできる芸当」

「豊富なSUVラインナップ。販売店側からしたら相次ぐ新型モデル登場で大変だろうけど、実際これだけ車種があれば売りやすそう」

といった声が挙がっている。買う側からしても、売る側からしてもこの豊富なSUVラインナップはメリットが多いようだ。

新型カローラ クロスを軸に好循環のサイクルが形成できているSUVラインナップ

新型カローラ クロス

また、新型カローラ クロスの登場により、他のSUVモデルも総じて売れ行きが伸びるのではと見る声も少なくない数で挙がっている。

「なんちゃってSUVとか揶揄されるけど、トヨタのSUVラインナップのきめの細かさはすごい。カローラ クロスを見に来て別のモデル買う人とか普通に多そう」

「カローラ クロス自体はほっといても売れるだろう。それより比較検討とかするから、相乗効果で他のトヨタSUVの売れ行きも伸びると予測できる」

「トヨタのSUVランナップの中で軸となるモデル。人気で長い納期が予測されるが、今すぐ欲しい客向けには他のSUVモデルを勧めることもでき、カローラ クロス単体だけでなく、トヨタとして好循環のサイクルが形成できている」

このように、新型カローラ クロスを軸とした好循環なSUVラインナップがトヨタ全体の販売台数アップに繋がると予測する声が多い。

事前予約分含め、既に約1.5万台の受注を記録している新型カローラ クロスだが、今後、その数字はどこまで伸びるのか? そして、予測の通り他のSUVモデルの売れ行きも伸びていくのか? 今後の動向にますます目が離せない。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング