1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

トヨタ カローラ クロスの最上級グレードZを写真で解説! ポイントは内装の快適装備にあった

MōTA / 2021年9月26日 7時0分

トヨタ 新型カローラクロス Z(左:ガソリン・2WD/右:ハイブリッド・4WD)[2021年9月14日発売] [Photo:茂呂 幸正]

トヨタが2021年9月14日(火)、新たに発売した「カローラ クロス」はカローラシリーズで初のSUVモデルだ。 ガソリンが4グレード、ハイブリッド3グレード用意されるうちの最上級グレードとなるZの価格(税込)はガソリングレードが264万円、ハイブリッドグレードが299万円と高額だ。そんなZの装備にはどんなものが備わっているのだろうか。写真で詳しく解説したい。

トヨタ 新型カローラクロス Z(ガソリン・2WD/ボディカラー:センシュアルレッドマイカ)[2021年9月14日発売] [Photo:茂呂 幸正]

カローラ クロスは日本独自のフロントグリルを備えている

カローラ クロスのボディサイズは全長4490mm×全幅1825mm×全高1620mm。海外仕様とは異なるフロントグリルを備えているのが特徴的だ。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2mを実現し、狭い道や駐車場での取り回しも軽快に行えるのもポイントとなる。

日本の狭い道でも取り回しのしやすいサイズ感

内装では、見晴らしの良い視界の高さを確保しつつ、頭上空間にもゆとりを持たせたことでアウトドアでも便利な広い室内空間を実現した。前席はSUVならではの視界の良さと、細いフロントピラーにスッキリとしたインストルメントパネルを用いており、見切りがよく運転しやすい環境を整えている。

後席は乗り降りしやすく、リクライニング機能も搭載したことで快適性と居住性を高めている。ラゲージ容量は5人乗車時でもクラストップレベルの487Lを実現した。また、荷物の積み下ろしやすさにもこだわっており、ラゲージ開口部は地面から720mmに設定。小柄な人でも楽に荷物の積み下ろしができる。

5人乗車でのラゲッジスペースも確保

Zグレードには18インチのアルミホイールやパノラマルーフが装備される

今回のメインとなるZグレードの大きな特徴としては、外装では18インチアルミホイールが標準装備となる。また、メーカーオプションで「パノラマルーフ電動サンシェード&挟み込み防止機能付き」が設定される。大きなガラスを用意し、車内に明るさを取り入れられるこの装備は他モデルでも人気が高い。

他モデルでも人気の高いパノラマルーフ

また、ハンズフリーパワーバックドアを設定したことで、リヤバンパー下に足を出し入れするだけで両手がふさがっている状態でも簡単にバックドアの開閉ができ、利便性も高い。

ハンズフリーパワーバックドアも備えた

ハイブリッド車限定にはなるが、災害時やレジャーにも役立つ「アクセサリーコンセント非常時給電付き」も備わる。ラゲッジルームの左側にコンセントを設置し、AC100Vで1500W以下の電化製品が使用できる。

災害時やレジャーに役立つアクセサリーコンセント

インテリアでは特にシートにこだわっている。

フロントシートはスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを用いており、運転席と助手席にシートヒーターを標準装備。

Zグレードは本革+ファブリックシートにシートヒーターも装備!

シート自体も本革+ファブリックのシート表皮で高級感を高めている。

スポーティなシートはシート表皮にもこだわっている

ZグレードはエントリーグレードのG"X"と比べるとガソリンモデルで64万1000円差あるが、装備を考えると納得できる内容となっていることがわかる。購入を検討している人は装備内容をよく吟味してみてほしい。

【筆者:MOTA編集部】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング