1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

レクサス 新型NX、大幅に進化したデザイン・性能面は評価するも455万円スタートの価格に関しては意見が割れる【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年10月16日 18時0分

レクサス 新型NX350 “F SPORT”(ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク)

レクサスの人気ミドルSUV「NX」の2代目に当たる新型モデルが2021年10月7日(木)に発表された。新型NXはデザインを刷新したほか、ガソリン、ハイブリッド、PHEVを含め全部で6種類のパワートレインを設定し、価格(消費税込)は455万円~738万円。ここでは、そんな新型NXの価格についてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

レクサス 新型NX350 “F SPORT”(ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク)

レクサスの電動化ビジョンに基づき初のPHEVモデルが登場した新型NX

レクサス 新型NX450h+ “version L”(ボディカラー:ソニッククロム)

レクサスのミドルサイズSUVとして人気のNXがモデル初となるフルモデルチェンジを行った。2代目となる新型NXは、次世代レクサスの第1弾モデルとして新デザインのスピンドルグリルや新コネクティッドシステムなどを備える。

レクサス 新型NX450h+ “version L”(ボディカラー:ソニッククロム), レクサス 新型NX450h+ “version L”(ボディカラー:ソニッククロム)

レクサス 新型NX450h+ “version L”(ボディカラー:ソニッククロム), レクサス 新型NX450h+ “version L”(ボディカラー:ソニッククロム)

また、新型NXでは新プラットフォームを採用したほか、パワートレインのラインナップも一新された。

中でも、レクサスの電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、レクサス車初のPHEV(プラグインハイブリッド)が設定されたことが大きな話題となっている。バッテリーの総電力量は18kWhで、クラストップのEV(電気自動車)走行可能距離と十分なパワーを持つ。

ほかにも新開発の2.4リッターターボ+AWD、直4 2.5リッターハイブリッドなど、全部で6つの豊富なパワートレインを用意する。

そんな新型NXの価格(消費税込)は、455万円~738万円。

デザイン・性能面で大幅進化の新型NXだが、価格に関しては意見が割れる

レクサス 新型NX

そんな注目の新型NXの価格について、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

まずは好意的な声。

「これだけ拘って作りこまれているとそこまで高く感じない」

「エントリーモデルでも十分魅力的。新型ハリアーの最上級モデルに+30万円程でこのクオリティが手に入るなら新型NXを選ぶ」

「ちょうど良いサイズ感で内外装の質感も先代から大幅アップ。価格面も別段不満なく納得してオーダーした」

「先代乗りだが、トータルでこれだけ進化してたら、価格含め普通に買い」

「システム最高出力309馬力、EV走行距離88kmという性能なら、決して高価とも言い切れない」

「ピュアEVだとしたら考えてしまうが、それに引けを取らないPHEVで性能も高いときたら全然あり」

先代から大幅に洗練されたデザインや、質感高い内装が好印象の様子で価格にも納得の声が多い。また、新たに加わったPHEVを評価する声も多く、最上級グレードのNX450h+ “version L”を契約したという声も見かけられた。

一方、否定的にとらえる声としては、

「高くて買えない。ハリアーで我慢する」

「元々がハリアーと考えちゃうとこの価格はな…」

「PHEVが気になるが、個人的に予算オーバー」

「RAV4 PHVより性能は上がっているけど、それでもこの価格はなかなか難しい」

といったものが見受けられた。

やはり、プラットフォームを共有し、兄弟車にあたるトヨタ 新型ハリアーと比べる声は多いようで、そういった層からは、“外観に手を加えただけでこの価格”と揶揄する声も少なくない。

また、新たに加わったPHEVに関しては、469万円~539万円(税込価格)のトヨタ RAV4 PHVと比較する声も見受けられた。性能面では新型NX450h+ “version L”ならではの機能として、レクサス初の「先読みエコドライブ(先読みEV/HVモード切りかえ制御)」などが採用され、RAV4 PHVよりも上としながらも、差額を埋めるまでの性能とは素直に受け取れないようだ。

今後の新型LXや新型RXの価格帯に注目する声も

レクサス 新型NX250 (ボディカラー:ソニックチタニウム)

賛否が分かれる新型NXの価格だが、そこから今後のレクサスラインナップに追及する声も少なくない。

「NX450h+でこの価格だと次期RXの価格はどうなるのか」

「デザインや性能の進化はとっても好印象。ただ、所得の上がらない日本なので、この後の新型LXや新型RXの価格はどんなものになるのか気になる」

「新型NXも遂にトップグレードだと700万超えか。EV化に近づくにつれて各車100万円アップして大衆車でも400万円になる日も近いかも」

やはり、NXの兄貴分であるRXやレクサスのフラッグシップSUVであるLXの価格は注目を集めている。まずは新型NXのセールスがどこまで伸びるのか気になるところ。今後の次世代レクサスのセールスを占う上でもその動向に注目だ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング