1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

レクサス 新型NXをオフロードテイストに!? 水素エンジンのバギーも登場 多様化するニーズに応えたコンセプトカーだ【東京オートサロン2022】

MōTA / 2022年1月18日 13時0分

東京オートサロン2022 トヨタブース

2022年1月14日(金)〜16日(日)まで開催されている東京オートサロン2022。レクサスの個別のブースは用意されてはいなかったが、トヨタGRブースにはレクサスエンブレムをつけた見慣れないモデルが出展されていた。今回はレクサスブランドのコンセプトカー「NX PHEV オフロードコンセプト」と「ROVコンセプト」の2台を紹介しよう。

東京オートサロン2022 トヨタブース

NX PHEV オフロードコンセプトはオールテレーンタイヤを装着した意欲作だ

一台はレクサスのSUV「NX PHEV オフロードコンセプト」だ。こちらはベースであるレクサス NXが販売モデルであることからクルマらしいデザインが感じられる。

2021年11月に発売したレクサス初のPHEVモデルである「NX450+」をベースにEV(バッテリー)走行とハイブリッド走行がもたらす二酸化炭素の排出を抑えた環境性能の高さと上質な走りを両立する。

また、電動モーター駆動であることから低ミュー路での走破性も高く、悪路をグイグイ進んでいっても安心感が得られるだろう。

さらに悪路走破性に優れた265/65R17サイズのオールテレーンタイヤとホイールの装着、ブロンズとブラックのマット塗装によるカラーコーディネート「アイアンオキサイド」と名付けられた自然に溶け込みやすい流行りの「アースカラー」の一種を採用するなどアドベンチャーライフスタイルを提案するモデルとなっている。

レクサス NX PHEV オフロードコンセプト

フロントにはスモーク塗装のレクサスエンブレムとマットブラック塗装のグリル、サイドにはエクステリア全体の一体感を高めるスモーク塗装ドアミラー、リアの車名バッジとレクサスロゴなどを用意。さらには、マットブラック塗装ルーフレールとキャリアバスケットも装着されている。

一見バギーにも見えるROVコンセプトはコンパクトな水素エンジン車

そしてもう一台は水素エンジンを搭載した「ROVコンセプト」。こちらはクルマというよりバギーに見える。しかし、全長3120mm×全幅1725mm×全高1800mmというコンパクトなボディサイズでありながら立派な水素エンジン車だ。ROV(Recreational Off highway Vehicle)とは、オフロード車でも行けないような悪路にも対応する走行性能を持ち「自然と触れ合うことで、自然と共生しながら、走りを楽しむライフスタイルの実現を目指す」コンセプトカーだ。

ROVコンセプトのフロント

レクサス初の水素エンジンを採用しており、環境への配慮やエンジン車ならではのリアルなエンジンの鼓動を感じ取れる走りの楽しさも両立しているという。

そのスペックは1.0リッターの直3エンジンにシーケンシャルパドルシフト、セレクタブル2WD &4WDwithデフロックを備える本格仕様だ。

ROVコンセプトはコンパクトなモデルだ

電動車+オフロードの仕様はトヨタグループからの新しいアプローチだ

両モデルは2021年12月14日(火)にトヨタが発表したバッテリーEV(電気自動車)戦略とは異なるアプローチで電動化の道筋を示したモデルと言えるだろう。

トヨタ車のラインアップの中にはEVだけでなく、PHEVや水素エンジンも含まれていることから、それほど珍しいものではないが、オフロードというアプローチは大変興味深い。

昨今ではSUV人気の高まりとともに、アウトドアユーザーを中心にオフロード性能を合わせ持つモデルが増えてきている。こうしたニーズに対応するべく、あらゆるパワーユニットで多様な選択肢を残すことがトヨタグループの電動化の道への一つの解を示している。

未来のクルマ社会も「ワクワクできる」ものにしてほしいと強く思わされるモデルだ。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください