1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型フェアレディZ、「実車はオーラがあって本当にかっこよかった」の声! ただし価格には高すぎるといった反応も【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2022年1月20日 12時0分

日産 新型フェアレディZ Proto Spec

昨年8月に米・ニューヨークで市販モデルが発表された日産 新型フェアレディZだが、東京オートサロン2022の同社ブースにて、待望の日本仕様が公開された。公開された日本仕様は、国内限定240台の「Proto Spec」と9速ATを搭載するラグジュアリーグレード「Version ST」の2モデル。新型フェアレディZは2022年6月下旬から順次販売予定となっている。 ここでは、ついに公開された日本仕様の新型フェアレディZについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

日産 新型フェアレディZ Proto Spec

ついに日本仕様が公開された新型フェアレディZ

日産 新型フェアレディZ Proto Spec, 日産 新型フェアレディZ Version ST

日産 新型フェアレディZ Proto Spec, 日産 新型フェアレディZ Version ST

遂に公開された日産 新型フェアレディZの日本仕様。カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」では、日本国内で240台の限定販売となる「Proto Spec」と9速ATを搭載するラグジュアリーグレードの「Version ST」の2グレードが出展された。

新型フェアレディZが搭載するエンジンは、スカイライン400Rにも搭載された405PSを発生するVR30DDTT型の3L V型6気筒ツインターボエンジンで、6速MTもしくは新開発となる9速ATが用意されている。価格に関しては、限定240台の販売となる「Proto Spec」のみアナウンスされ、696万6300円(税込)とのこと。

早速、東京オートサロン2022会場に足を運んだ人々からは「実車はオーラがあって本当にかっこよかった」「新型フェアレディZがどんな走りを見せるのか楽しみ」といった好意的な声がSNS上で挙がっている。

カスタムモデルの市販化を求める声も

日産フェアレディZ カスタマイズドプロト

また、今回の東京オートサロン2022会場では、新型フェアレディZをカスタマイズしたモデル「フェアレディZ カスタマイズドプロト」も出展された。

初代フェアレディZに設定されたZ432を彷彿とさせるオレンジのボディカラーを基調に、エンジンフード、ルーフ、テールなどをブラックとして精悍なイメージを強調。さらにフロントバンパーや大型化されたリアスポイラー、オーバーフェンダーなどでクールに仕上げられたモデルに「カスタマイズのほうが良い感じ」「フロントマスクの見た目が劇的に改善されいて、こちらを標準仕様にしてほしい!」といった声が挙がっている。

新型フェアレディZのデザインに関しては、概ね好印象の声が多い中、唯一その四角いグリルに不満の声も少なくなく、その部分が改善されたフェアレディZ カスタマイズドプロトを推す声も多いようだ。中には、その完成度の高さから「市販化はあるのかな?」といった声も見受けられたほどだ。

新型フェアレディZ、標準モデルの価格はいくらとなるのか?

そんな中、注目を集めているのが、やはり価格について。今回は「Proto Spec」のみ価格が発表されたが 「た、高い…」「楽しみにしていたが、思っていた以上に高くて手が出ない」と、総じて“高い”とする声が多い。

先行して発表された米国モデルでは約4万ドル(約440万円)と発表があっただけに、限定モデルとはいえ700万円近いプライスには驚きの反応が多い。「標準仕様の価格はいかほどに!?」と標準モデルの価格設定に注目が集まっている。

果たして、標準モデルはいくらとなるのか? 引き続き、今後の展開に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部) 撮影:佐藤 正巳/日産]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください