1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ターボチューンとNAチューンあなたのお好みはどっち!? BLITZからそれぞれキャラクターの異なるGR86/BRZが登場【東京オートサロン2022】

MōTA / 2022年1月27日 12時0分

BLITZ GR86 Concept

東京オートサロン2022で、チューニングシーンを牽引するメーカーのひとつであるBLITZ(ブリッツ)が出展していたのは、外装パーツから吸気系にまで手が入れられたトヨタ GR86とスバル BRZのカスタムモデル。 ターボチューンが施され本格的なサーキット仕様の「BLITZ GR86 Concept」と、ベースモデル本来の素性の良さをより進化させるべくNAチューンが施された「BLITZ BRZ」を早速紹介していく。

BLITZ GR86 Concept

ターボチューンとNAチューンで異なる魅力を提案するBLITZ

東京オートサロン2022で、トータルチューニングメーカーのBLITZが出展していたのは、ターボとNAの2通りのチューニングでカスタマイズされたトヨタ GR86とスバル BRZの兄弟車。

300馬力を目標にターボチャージャーを開発中

BLITZ GR86 Concept

2021年10月に発売となったトヨタ GR 86をフルエアロとターボキットにより、公道走行を前提としながらも本格的なサーキット仕様としてカスタマイズした「BLITZ GR86 Concept」。

同社のブランドプロモーションデモカーとして位置づけられたこちらのモデルは、前後オーバーフェンダーキットのほか、フロントバンパー、サイドステップ、リアバンパー、GTウイングからなる同社のオリジナル外装パーツ「AERO SPEED R-Concept」で身を包む。

エンジンにはGR86のカスタムの最終提案としてターボキットを装着。こちらは現在試作品となっており、最終的には300馬力を目標に開発中とのこと。ターボチャージャーなどがキレイに収まったエンジンルームを見る限り、高い完成度で制作されているのが分かり、今後の市販化にも期待が掛かる。

純正の性能をスポイルすることなくNAチューニングで進化を促す

BLITZ BRZ

一方の「BLITZ BRZ」は、ライトチューンのお手本的モデルとしてカスタマイズされた1台。

外観は「AERO SPEED R-Concept」のフロントリップスポイラー、サイドスポイラー、リアディフューザー、トランクエアリデューサーを装着している。

エンジンには、こちらも開発中の吸入空気温度と吸入効率にこだわった「CARBON INTEAKE SYSTEM」を装着。純正の性能をスポイルすることなく、より進化させる吸排気を中心としたNAチューニングを提案する。

本格的なターボチューニングから、ライトに楽しむことができるNAチューニングと、それぞれ違ったキャラクターのカスタムモデルを提案するBLITZ。トヨタ GR86/スバル BRZオーナー方は是非、カスタムの参考にしてもらいたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)/撮影:佐藤 正己]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください