Honda:「EveryGo」に燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を導入

MotorFan / 2018年3月26日 17時25分

Honda:「EveryGo」に燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」を導入

Hondaは、レンタカーに加え、気軽に借り出せる利便性というカーシェアリングの特長を組み合わせた会員制サービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」の新たなステーションを、次世代都市型スマートタウンである「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」に設置し、燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」を2018年秋ごろに導入する。

Tsunashima SSTは、官民学が連携し、スマート集合住宅や国際学生寮、スマート商業施設、タウンエネルギーセンター、水素活用拠、スマート技術開発施設を兼ね備えた次世代都市型スマートタウン。Hondaは今回この取り組みに賛同し、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いのもと、燃料電池自動車の将来に向けた普及のため、EveryGoにCLARITY FUEL CELLを配置し、顧客に燃料電池自動車をより身近な存在として感じていただけるきっかけづくりに取り組んでいく。

EveryGoは、レンタカーのように利用時間を8時間としながらも手頃な基本料金に設定し、ウェブサイトから予約してカーシェアリングのように無人ステーションで借り出せるレンタカーサービス。専用会員カードを必要とせずICカード運転免許証を会員証の代わりに活用し、予約したクルマに搭載された機器にICカード運転免許証をタッチするだけで解錠し利用できる。先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」搭載車も導入しており、利用客がHondaの最新四輪商品と技術を体感できる機会を提供する。2018年3月現在、東京、横浜、大阪に96拠点、156台を展開している。

EveryGoホームページ
URL:https://everygo.honda.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング