トリナ・ソーラー:フレームレス両面ガラスモジュールDUOMAXを使用した水上メガソーラー第一号が稼働開始

MotorFan / 2018年4月3日 21時5分

トリナ・ソーラー:フレームレス両面ガラスモジュールDUOMAXを使用した水上メガソーラー第一号が稼働開始

トリナ・ソーラーのフレームレス両面ガラスモジュールを採用した、岡山県笠岡市の水上設置型太陽光発電所「いちご笠岡岩野池ECO発電所」が2018年3月20日より発電を開始した。

供給されたモジュールは、トリナ・ソーラーのフレームレス両面ガラスモジュール「DUOMAX M PLUS TSM-300DEG5(II)」8800枚。59,906平方メートルのため池を利用し2.64MWの太陽電池モジュールが設置されたこの水上メガソーラー発電所は、880世帯の電力をカバーする年間333万kWhの発電量。石炭発電量に比べて年間2,201トンのCO2排出量の削減が期待されている。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング