「S400d」が登場! メルセデス・ベンツSクラスに、新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載

MotorFan / 2018年9月10日 13時30分

「S400d」が登場! メルセデス・ベンツSクラスに、新型直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載

 メルセデス・ベンツSクラスに新型3.0ℓ直6クリーンディーゼルを搭載した「S400d」が追加された。これによって、新たに「S400d」「S400d 4MATIC」「S400d ロング」「S400d 4MATIC ロング」の4モデルをラインナップすることになった。

S400d

「2ステージターボ」を使用し、全域でトルクフルな加速を実現

 S400dに搭載されるパワーユニットは、最新のクリーンディーゼルエンジンである「OM656」。この「OM656」は、S450などに搭載されている「M256」と基本設計を共有するモジュラーコンセプトを採用しているエンジンだ。メルセデス・ベンツの乗用車のなかで最もパワフルなクリーンディーゼルエンジンであり、最高出力340ps、最大トルク700Nmを発揮する。

 シリンダーブロックはアルミ製、ピストンはスチール製となっており、熱膨張率が異なる素材を採用することで40%以上の摩擦を低減しているという。ターボは大小ふたつのタービンを持つ「2ステージターボ」を使用し、小さいタービンについては可変タービンジオメトリーを採用することで、全域でトルクフルな加速を実現している。

 バランスに優れ、コンパクトな「OM656」を搭載するS400dは、高い効率性だけでなく、欧州において導入されている実路走行試験(RDE)規制に適合するなど、高い環境性能も併せ持っている。

 価格は、S400dの1116万円から、S400d 4MATIC ロングの1505万円まで。すでに予約注文の受付が開始され、納車は10月頃(S400dとS400dロングは11月以降)を予定している。

車両本体価格

S400d (右) 1116万円
S400d 4MATIC (左) 1160万円
S400d ロング (右) 1461万円
S400d 4MATIC ロング (左) 1505万円

S400d ロング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング