センチュリーが積むトヨタのV型8気筒──URシリーズ

MotorFan / 2019年1月4日 10時25分

センチュリーが積むトヨタのV型8気筒──URシリーズ

■ 2UR-FSE シリンダー配列 V型8気筒 排気量 4968cc 内径×行程 94.0mm×89.5mm 圧縮比 未発表 最高出力 280kW/6200rpm 最大トルク 510Nm/4000rpm 給気方式 NA カム配置 DOHC ブロック材 アルミ合金 吸気弁/排気弁数 2/2 バルブ駆動方式 ロッカーアーム 燃料噴射方式 DI+PFI VVT/VVL In-Ex/×

 シリンダーブロックのベースはV6のGR系列で、そこから2気筒分を追加したモジュラー設計。主力の4.6ℓ版は中近東・アジア向けとSUVを除いてDI/PFI併用のD-4Sを採用する。そこからストロークアップで5.0ℓとした2URは、ハイブリッド用のFSEと高出力版のGSEをラインアップする。
 2UR-FSEは先代のレクサスLSに搭載されて登場。600hのエンジンとしてハイブリッドパワートレインを担っていたが、LSのフルモデルチェンジにともなう6気筒化によって廃止、命脈が絶たれるかと思われたが、新型センチュリーのダウンサイジングユニットとして白羽の矢が立つ。

2UR-GSE

■ 2UR-GSE
シリンダー配列 V型8気筒
排気量 4968cc
内径×行程 94.0mm×89.5mm
圧縮比 12.3
最高出力 351kW/7100rpm
最大トルク 530Nm/4800-5600rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI+PFI
VVT/VVL In-Ex/×

 2UR-GSEはフラッグシップ・スポーツユニットとして高回転域の出力を重視し、2系統切替式のインテークマニフォールドを1系統大流量タイプに変更。バルブリフトを吸気側9%/排気側3%高めるカムプロファイル、慣性質量低減のためのチタン合金バルブ、剛性向上のためのラッシュアジャスターの廃止などの改変と圧縮比アップが実施された。レクサスLC500では、アイシン・エィ・ダブリュ製10速ATと組み合わされる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング