【現行モデルのカブが気になる】ホンダ青山から半径1kmでひとり全カブ試乗会!

MotorFan / 2019年1月30日 19時30分

【現行モデルのカブが気になる】ホンダ青山から半径1kmでひとり全カブ試乗会!

かつて、ここまでぬるい試乗インプレ記事があっただろうか!? 東京・青山にある本田技研本社の地下駐輪場をベースに半径たったの1000m以内で行われた「ひとり試乗会」企画。 それでも十分に伝わってくるカブ全機種の個性をレポートしよう! PHOTO:渡辺昌彦 REPORT:宮崎正行

はじめての合コンだけど第一印象はクッキリ!

 世の中には、偉大すぎて正体がよく分からないものがたくさんある。理由はかんたん、目にすることはあっても触れたことがないからだ。文学だったら夏目漱石、クルマだったら軽トラ、バイクだったら……カブである。「カブ特集に買いもれナシ!」
 というコアなモトチャンプ読者は(感謝しつつ)さておき、バイク歴20、30年というライダーでも「カブって乗ったことないんだよね」という話はよく耳にする。カブとはそういうバイクである。

そんなスーパーカブに青山界隈でまとめて乗ってみたら、なんだかすごく楽しかった! ひと口にカブと言っても、国内販売されているシリーズだけで7種ある。50㏄、110㏄、125㏄に加えてカラバリも装備も豊富に揃っているし、なにより乗り味がそれぞれでだいぶ違う。ベストバイはシチュエーション次第だ。
 
 発売60周年とかスタイルが立体商標とか言われてもよく分からないけれど、「なんだかカワイイかも」と思ったらレンタルなどしてぜひ乗ってみてほしい。「こんな世界もあったんだ!」とニンマリ請け合い、とくに110は想像よりもずっと速くて快適なノリモノですよ!



50PRO、110PROは残念、試乗車の用意なし。機能を極めたこちらもいいバイク!特大リヤキャリアなど純正カスタムのネタ元にも。

C125はカブ界のウイスキー「山崎」である

「2階級特進の高質感!」

試乗当日、ついフラフラと最初の1台に選んでしまったC125。美味しいものは一番最後的展開にあっては大間違いだった。エンジンはタタタッ♪と単気筒らしく、シフトはカタン♪とジェントルで、ブ
レーキはスーッ♪とスウィート……擬音ぜんぶに「♪」がつく快感、ぜひとも分かってほしい。この上品さとプレジャーがセットで40万円はバーゲンプライス。たった125㏄なのに単気筒してるし!

コーポレートカラーの赤地に白のウイングマーク。背負っているモノが違うのである。

スーパーカブ50は、世界でいちばん“徳の高い”ノリモノ

「まるで精進料理。奥は深いぞ」

 ひさしぶりにこんなに遅い乗り物に乗った。スローなんとかブームはもう1周したかもしれないが、カブ50は60年経ってもずっと遅いままだ。速い/遅いなんてことに、はなから価値を置いていないゴーイング・マイ・ウェイ。それって、めちゃくちゃカッコいい! きもち大きめのシフトショックからスロットルを大雑把に開けてものんびりとした加速しかしない。加速というより“増速”だ。心穏やかに操ることができる人は、人格ステージが高いに決まってる。解脱せよ!

太陽系の太陽のごとく、カブ系の中 心には頑健なリヤキャリアが神殿の ように鎮座する。

長澤まさみとかけてカブ110と解く

「乗ったことない貴兄は吃驚!」

 名前は同じだけど中身は別モノ、50と110のカブ姉妹。別モノなのは主にエンジンだけなのに、バイクのキャラ=エンジンのキャラ論はやっぱり間違っていなかった。排気量とパワーが倍になっただけで、こうも性格が変わるのか。排気音も50のトゥルルが110でドゥルルと途端にヤル気を感じさせ、ストリートバトルだってノーマルで現役参戦できる。50と違ってこちらはまったく世を捨てていない!タイトルのオチ? その心は……どちらも普通に見えてフツーじゃない。隠れ巨乳が。

昔から変わらないメーターまわりの風景。 率直に言って、たいへん美しい。濃紺メタもゲキ渋だ。

リトルカブが去ってクロスカブ50が来た

「世界一周の夢をあなたに!」

 遅いけどスタイリッシュ、骨太だけどポップ。カブ50と同じ意味で“粋”なバイクだ。しかも圧倒的に旅志向が強い。「こうやって撮ったらカッコよくなる」ばかりを考えているカメラマンにロマンチストは多いが、クロスカブ50は「こうやって走ったら遠くまで行けそう」を存分に夢想させてくれる。50㏄は足枷でなく誇り。だったら17インチでよかった気もするけどね(笑)。たぶんいちばん売れないけれど、もっとも夢が語れるカブシリーズの異端児だ。14インチ+ローパワーで小回り最強!

排気量とともに最大のキャラ差はフロント14インチのタイヤ径。110はカブ定石の17インチ。

クロスカブ110にはぜーんぶ詰まっているのだ

「エンジンもいいがシートも最高!」

セロー225やフラットツインBMWなど、ライダー人生“上がり”のバイクとして話題にのぼった車種はいくつもあった。そして2018年現在、みんなのふところ事情をリアルに鑑みれば、クロスカブ110以上の存在感を放つバイクが他にあるだろうか!と握りこぶし。新型ではレッグシールドがなくなりシフトフィールも大幅に向上、より普通のバイクっぽさを推し進めている。都市部で後れをとることのない動力性能とクラスレスな積載性に加えて取り回しのいい106kgの軽い車重。いないね、ライバル。

時速120㎞までレタリングされている速度計。勇気百倍。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング