日産自動車、三菱自動車、NMKVが新型軽自動車のラインオフ式を実施

MotorFan / 2019年3月14日 16時45分

日産自動車、三菱自動車、NMKVが新型軽自動車のラインオフ式を実施

日産自動車、三菱自動車工業とNMKVは、14日、日産自動車と三菱自動車から3月中に発売予定の新型軽自動車のラインオフ式を、生産工場である三菱自動車の水島製作所で実施した。


 新型軽自動車は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVで企画・開発のマネジメントを行い、日産自動車の先進技術と三菱自動車の軽自動車づくりのノウハウを融合させた新世代の軽ハイトワゴンであり、日産自動車『DAYZ(デイズ)』『DAYZ(デイズ)ハイウェイスター』、三菱自動車『eKワゴン』『eKクロス』として発売する。

 プラットフォーム、エンジン、トランスミッションといった主要コンポーネントを刷新することで基本性能を飛躍的に向上させたことに加え、軽自動車初の同一車線運転支援技術を採用するなど、従来の軽自動車にはない魅力を実現している。また、従来から両社で特徴車を設定していたが、新型軽自動車では日産自動車らしさ、三菱自動車らしさを更に追求し、各々が差異化された仕上がりになっている。


 オフライン式では、三菱自動車の益子会長CEO、日産自動車の星野専務執行役員、NMKVの遠藤CEOおよび各社従業員が、地元関係者列席のもと、生産を開始した新型軽自動車の前で更なる発展を誓った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング