音楽好きにはたまらないミニ・クラブマンの特別仕様が登場

MotorFan / 2019年5月22日 17時35分

音楽好きにはたまらないミニ・クラブマンの特別仕様が登場

ミニ・クーパーDクラブマンをベースとする特別仕様限定車が登場した。ミニ・クラブマン・ブルーノート・トーキョー・エディションという名称からもわかるように、名門ジャズクラブ「ブルーノート・トーキョー」とのコラボモデルである。


 今回発表した特別仕様のミニ・クラブマンは、主にカラーリングなどのスタイリングでの演出がなされており、ボディカラーはジャズをイメージさせるブラックとシルバーの2色が用意された。ブラックで統一されたインテリアは、イルミネーテッドされており、ジャズの世界観を再現している。
 
 ボンネットやフェンダー、ドアには五線譜をイメージしたストライプが入り、Cピラーにはブルーノート・トーキョーのエンブレムが装着されるほか、LEDヘッドランプ(13万2000円)など様々な特別装備が採用され、価格はベースモデルの49万円高となる。台数限定ではなく期間限定なので、興味のある方は早めにディーラーを訪れよう。



メーカー希望小売価格(消費税税込)
ミニ・クラブマン・ブルーノート・トーキョー・エディション・ブラック 447万円
ミニ・クラブマン・ブルーノート・トーキョー・エディション・シルバー 447万円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング