ますますパワーアップ(笑)! ManiaxCars Vol.05

MotorFan / 2019年5月23日 19時10分

ますますパワーアップ(笑)! ManiaxCars Vol.05

一部のマニア連中から絶大な支持を受けてる『ManiaxCars』、 Vol.05が5月31日にいよいよ発売されるぞ~。 つくってるオレが自分で言うのもなんだけど、 今回は過去4号に比べて明らかに内容の濃い仕上がりだ(笑)!!

さぁ3ヵ月の一度のお楽しみ、
『ManiaxCars Vol.05』がまもなく発売だ~!

巻頭特集『ほどほど日本フォード』

広島市内で撮影したレーザーカブリオレ。眼下に見えるのはマツダ宇品工場だ。こんなロケーションで撮影したヤツ、過去にいたんだろうか? (校了前のレイアウトにつき、誌面デザインは若干変更の可能性アリ)

Vol.05は巻頭40ページに迫る、なんと『日本フォード』特集(笑)!!
フェスティバ5とかテルスターTX5とかテルスターⅡとかレーザーセダンとか、
レーザーカブリオレとかプローブとか…そんな日本フォード車がずらり勢ぞろい。

日本フォードの歴史に迫る企画の中では、マツダR&Dセンター横浜との関係や、
80年代初頭から日本フォード車を取り扱ってたオートラマについても言及。

あ、カタログ写真での構成だけど、スペクトロンの記事もあるよ(笑)。

第2特集『AW10三番勝負!!』

手前からAW10、AW11 Gリミテッド、同スーパーチャージャー。う~ん、実に美しい3台並びだ。「あ、スーパーチャージャーが履いてるの、オプションのホワイトホイールだ!!」とか気付いたひとは変態です(笑)。

続く第2特集は、ついに取材車両が見つかったことで実現した、
『兄さんっ! 変態すぎてタイヘンですっっ!!』の頃から温め続けてた企画だ。

1.5ℓ直4SOHCの3A-LU型エンジンを載せた初代MR2の廉価グレード、
1500Sが主役という、これまた前代未聞の特集となっている。

し・か・も! 単独取材で終わらせないのがManiaxCars。

『三番勝負』と銘打って…

①AW11Gリミテッド&同スーパーチャージャー、

②同じ1.5ℓ直4SOHCを載せるベルトーネX1/9、

③MR2最後のNAモデルとなるSW20 Ⅴ型Gリミテッド

と、それぞれディテールや走りを比較してるのだ。

第3特集『歴代デリカでコンニチハ!』

川の中を突き進むL038GW初代デリカスターワゴン4WD…ヤバイ、カッコよすぎるっ!! キレイに置き撮りするだけじゃ終わらせない、そのクルマに合ったシチュエーションで走らせるのがManiaxCarsの基本だ。

さらに、これまた濃いんだけど、『歴代デリカでコンニチハ』が第3特集。

日本に実働車が1台しかないT120C初代デリカコーチに、
T120Wダブルキャブトラック、L038GWデリカスターワゴン4WD、
L033PWデリカ1600XL-5、P24Wスターワゴン4WD…と、
初代から3代目デリカまでを一堂に集めて取材した。

第4特集『The未確認走行物体 スバルアルシオーネ』

VXが2台とVRが1台、計3台のアルシオーネが揃った! しかも、VXは1台がフルノーマル、もう1台がバッチリ決まったドレスアップ仕様だ。さらにVRはブーストアップ仕様で、足回りはエアサス取っ払って車高調をセット!

でもって、第4特集が『スバルアルシオーネ』。

SVXじゃないぞ、カクカクしたデザインの初代の方だ。

日本初の水平対向6気筒エンジンを搭載する2.7VXに、
水平対向4気筒ターボ搭載の1.8VRを比較試乗。

さらに、2.7VXベースの超絶かっけぇドレスアップ仕様も登場だ。

おっと、当時のスバルの技術力を結集したようなクルマだけに、
メカニズム解説もやってるんで、そちらもお見逃しなく!

そんな特集以外にもM16A換装の70カローラバンだとか、
スズキキャラ&ホンダアクティアタックを所有する変態さんとか、
ランサーV6 MXサルーンvs1.5エクシード比較試乗とか、
SR31スカイラインGTパサージュD試乗とか、
オール・スカイライン・ミーティングやJPSC第1戦in日光のレポートとか、
内容的にはどうでもいいモノクロページ(笑)とか…
Vol.05は過去4号を明らかに上回る内容の濃さと読み応えをオレが約束する!

ManiaxCars Vol.05は5月31日発売。

価格は税込み1500円だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング