〈試乗記:スズキ・ハスラーワンダラー〉走りには設計の古さを感じるものの、見ているだけで幸せになり、心が落ち着く

MotorFan / 2019年6月4日 11時30分

〈試乗記:スズキ・ハスラーワンダラー〉走りには設計の古さを感じるものの、見ているだけで幸せになり、心が落ち着く

レトロフューチャー感覚のクロスオーバースタイルで、2013年12月の発表直後は納車6ヵ月待ちの大ヒット。今やスズキの軽自動車においてスペーシア、ワゴンR、アルトに次ぐ主力車種に成長しているハスラー。今回は2018年11月に発売された特別仕様車「ワンダラー」NA・FF車に、東京都内および神奈川県内の一般道を中心として、高速道路も交えながら試乗した。 REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu) PHOTO●遠藤正賢、スズキ

ハスラーワンダラーのサイドビュー。大きなロードクリアランスと短い前後オーバーハングのおかげで大きな段差も楽々

 ハスラーは先代ワゴンRのプラットフォームをベースに、165/60R15の大径タイヤを装着し、さらにサスペンションストロークを変更。最低地上高を180mm(FF車。4WD車は175mm)にアップ。28°のアプローチアングル、46°のデパーチャーアングルを確保することで、ラフロードや大きな段差のある場所でも走りやすいよう配慮した。

 なお、CVT車には当初、減速エネルギーをオルタネーターで回生し12Vのリチウムイオンバッテリーに電力を蓄え電装品に供給する「エネチャージ」が組み合わされていた。だが15年5月の一部改良で、オルタネーターをISG(モーター機能付き発電機)とし発電量を約30%アップ。バッテリーを大電流の充電・放電に対応させてモーターアシストを可能にした「S-エネチャージ」に進化している。

 以上が主なハードウェアの構成だが、つまり現行アルト以降のFF系軽自動車に採用されている新世代プラットフォーム「ハーテクト」は、ハスラーには用いられていない。そのためリヤサスペンションはFF車でもトーションビーム式ではなく「アイソレーテッド・トレーリング・リンク」と呼ぶフルトレーリングアーム式だ。

S-エネチャージのリチウムイオンバッテリーは助手席下に搭載

 ハーテクトはボディ・シャシーの基本性能向上と軽量化の両立を主眼に開発されているが、軽量化に関してはハスラーのベースとなった先代ワゴンRの時点ですでに推し進められていた。従ってハスラーも、今回試乗した「ワンダラー」NA・FF車(注:ワンダラーにターボ車の設定なし)で車両重量は800kgと、最新の背高軽ワゴンと比較してもむしろ軽い部類に入る。

 だが、ハーテクトが旧世代のプラットフォームと決定的に違うのは、やはりリヤサスペンション。そしてボディ・シャシー各部のつながりを滑らかにしたことによる、リニアリティの高さだ。

 裏を返せば、旧世代のプラットフォームに属するハスラーには、スズキの軽自動車が長年抱えてきた悪癖、具体的には旋回中にロールが一定以上まで深まった所で突然ロールスピードが速まると同時に、オーバーステアの予兆を見せて挙動が不安定になる傾向が、少なからず残されている。

「ハーテクト」のボディ・シャシー

 また、最低地上高が高められたことに加え、安定性を確保するためダンパーが硬くセッティングされたこともあり、特に低速域では大きな凹凸に対し車体が左右にも上下にも揺すられやすい。同乗者はもとよりドライバーさえ、長時間乗り続ければ車酔いしないか心配になるほど。さらにステアリングはインフォメーションに乏しく反力も弱いため、中立付近を維持しにくいのも気になった。

165/60R15 77Hのダンロップ・エナセーブEC300+を装着

 一方でパワートレインは、新世代のR06A型0.66L直3NAエンジンとジヤトコの副変速機付き「CVT7(JF015E)」、S-エネチャージの組み合わせで、最新ではないが新しい部類に入る。

R06A型エンジンとCVT7、ISGを搭載するエンジンルーム

 最大トルク63Nmのエンジンに対しISGがもたらす40Nmのモーターアシストは効果絶大で、800kgの車重に加え背が高く直立に近いAピラーを持つため空力面でも不利なハスラーを力強く加速させるのだが、その効き目は最大85km/h、30秒間まで。モーターアシストが切れると目に見えて加速が鈍くなるため、特に高速道路の上り坂では速度を一定に保つのが難しくなる場面も多々見られた。

大きな速度計が鎮座するメーターパネル。下部のディスプレイには写真のタコメーターのほかS-エネチャージの制御なども表示可能

ハスラーワンダラーのフロントマスク

 だが、それがどうした。

 ハスラー、それも今回試乗したブラウン基調の「ワンダラー」には、そんな走りの弱点が些細なことに思えるほど、ポップかつ上質で楽しさに満ち溢れた内外装がある。

 エクステリアは、丸目ヘッドライトや「HUSTLER」のフロントエンブレム、シフォンアイボリーメタリック×ウッディブラウンの2トーンボディカラーが、絶妙なレトロ感と愛らしさを醸し出している。

アイボリー調パネルを装着した運転席まわり
後席もワンダラー専用表皮。レッグスペースは脚が組めるほど広大
ブラウンの合成皮革と黒のファブリックを用いたフロントシート

 インテリアは、茶×黒の2トーンシートやアイボリー調パネルが上質なだけではなく、ハスラーが元来備える絶対的な空間と視界の広さも、乗員をリラックスさせるのに一役買っている。

 その姿を見ているだけで、幸せな気持ちになれる。そのシートに寄りかかるだけで、心が落ち着く。ハスラーワンダラーは、そんなクルマだ。

 最初に述べた通り、ハスラーはデビューからすでに6年が経過しており、かつ現行モデルでハーテクトを採用していない唯一のFF系軽自動車でもある。早ければ今秋開催の東京モーターショーで新型のプロトタイプが参考出品され、年末に正式発表されることは充分に考えられる。

 現行のハスラー、それも今回のワンダラーや、併売されている「タフワイルド」といった特別仕様車の内外装にベタ惚れならば、今すぐに購入すべきだ。だが、日常の足としてハンドリングや乗り心地も重要視するのならば、遠からず訪れるであろうフルモデルチェンジの時を待つべきである。

2018年7月に発売された特別仕様車「タフワイルド」

【Specifications】
<スズキ・ハスラーワンダラー(FF・CVT)>
全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm ホイールベース:2425mm 車両重量:800kg エンジン形式:直列3気筒DOHC 排気量:658cc ボア×ストローク:64.0×68.2mm 圧縮比:11.5 エンジン最高出力:38kW(52ps)/6500rpm エンジン最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4000rpm モーター最高出力:1.6kW(2.2ps)/1000rpm モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm JC08モード燃費:32.0km/L 車両価格:160万8120円

スズキ・ハスラーワンダラー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング