ポルシェが「カイエン」&「カイエンクーペ」にトップパフォーマンスモデルの「ターボS Eハイブリッド」を設定

MotorFan / 2019年8月13日 15時50分

ポルシェが「カイエン」&「カイエンクーペ」にトップパフォーマンスモデルの「ターボS Eハイブリッド」を設定

ポルシェは8月13日、カイエンおよびカイエンクーペに新たなトップパフォーマンスモデルとして、プラグインハイブリッドパワートレインを搭載した「ターボS Eハイブリッド」を設定したと発表した。

3.8秒の0-100km/h加速と最大40kmのEV航続距離を実現

「ターボS Eハイブリッド」搭載されるプラグインハイブリッドパワートレインは、550psと770Nmを発揮する4.0LV型8気筒ツインターボエンジンと、136psと400Nmを発するモーターの組み合わせで、システム総合では680psと900Nmを引き出す。


 両ボディともに、0-100km/h加速タイムは3.8秒、最高速は295km/hをマークする一方で、最高で27.0km/Lのハイブリッド燃費を実現。リチウムイオンバッテリーのエネルギー容量は14.1kWhで、EV航続距離は40km。EV走行時の最高速は135km/hに達するという。


 「ターボS Eハイブリッド」にはスポーツクロノパッケージが標準装備されており、走行モードは「ハイブリッドオート」、「スポーツ」、「スポーツプラス」から任意に選択することが可能となっている。


 また、「PDCC(ポルシェ・ダイナミック・シャシーコントロールシステム)」や電気機械式ロール抑制システム、「PTVプラス(ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス)」、リヤディファレンシャルロック、「PCCB(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)」を標準装備。

「PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステム)」を含むアダプティブ3チャンバーエアサスペンションは、ポルシェ特有の幅広いドライビングダイナミクスと快適な乗り心地を実現した。


 さらにボディ同色仕上げのホイールアーチエクステンションを含むエ21インチエアロデザイン軽合金製ホイールや、パワーステアリングプラスを装備。オプションで22インチまでの軽合金製ホイールと、リヤアクスルステアリングの選択が可能だ。


 安全運転支援機能としては、LEDヘッドライトや制限速度機能付きのクルーズコントロール、カメラ認識による歩行者機能、フロントとリヤのパークアシスト(クーペはリヤビューカメラシステムを含む)を搭載。さらにオプションで、LEDマトリクスヘッドライトやヘッドアップディスプレイ、熱探知カメラ付きナイトアシスト、レーンキープアシストが設定されている。


 そのほか、リアルタイム交通情報やスマートなオンラインボイスコントロール、公共充電ステーションの検索を含む広範なPorsche Connectサービスを備えたオンラインナビゲーションを標準装備。Porsche Connectアプリを介した遠隔操作によって、車両から離れた場所でもエアコンの調整などができる。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング