秋の交通安全運動2019対策、第2弾!全国移動オービス最新情報! 西日本編

MotorFan / 2019年9月21日 8時0分

秋の交通安全運動2019対策、第2弾!全国移動オービス最新情報! 西日本編

 日に日に増加する「可搬式移動オービス」による速度取り締まりの目撃情報。とはいえ、「移動オービス」は文字通り、移動するオービス。ある程度、実施場所を特定できるネズミ捕りに比べて、そのフレキシブルさは段違いといっていい。それだけに、果たして目撃ポイントが効果を発揮するのかというと、はなはだ疑問だ。が、データが集まれば集まるほど、場所は特定できなくても、危険エリアはそれなりに絞り込める。ある日突然、身に覚えのない呼び出しが届くなんて憂き目にあわないように、データをよーく見て、身の回りの危険エリアを察知してほしい!

キーワードは幼稚園、学校、病院etc. 通り慣れない道は第六感を縦横無尽に働かせてみよう!

2019年9月時点での「可搬式速度違反自動取締装置(移動オービス)」導入、あるいは導入を予定している都道府県は以下の通り。

★可搬式移動オービス導入&導入予定都道府県(2019年9月現在)
■北海道・東北
北海道/青森県/秋田県/岩手県/宮城県
■関東甲信越
栃木県/群馬県(落札済み)/埼玉県/千葉県(落札済み)/東京都/神奈川県/山梨県
■中部・北陸
長野県/富山県/福井県(2019年7月~)
■東海・近畿
静岡/滋賀県/愛知/岐阜/三重県/和歌山県(2019年3月~)/奈良県/京都府(2020年~)/兵庫県
■中国・四国
岡山県/広島県(2019年4月~)/島根県/香川県/愛媛県(落札済み)
■九州・沖縄
福岡県/長崎県(落札済み)/佐賀県(2019年4月~)/大分県/熊本県/宮崎県
※( )内は当情報局が独自に入手した新規情報

 すでに35もの都道府県に行き渡っているというわけだ。ちなみに、未導入都道府県はというと、山形県/福島県/茨城県/新潟県/福井県/大阪府/鳥取県/山口県/徳島県/高知県/鹿児島県/沖縄県の12都道府県となるが、警察庁から「可搬式速度違反取締装置を全国的に配備する」という通達が出ている以上、近いうちに全都道府県に行き渡ることになるだろう。さらに、導入済の都道府県警のいくつかは、すでに追加購入を決めている。今後は導入都道府県数だけではなく、導入台数もかなりのペースで増えていくはずだ。

 が、肝心な「速度測定精度」がいまだに「?」であることも事実。スピード違反はもちろん、犯罪だが(反則金制度を適用された場合は除く)、出してもいない速度で検挙されるなんてたまったもんじゃない。「移動オービス」を全国的に広めるつもりなら、全国的にその正当性を証明すべきでは?

 というわけで、今回は西日本エリアの移動オービス目撃ポイントを大公開。お出かけ前のチェックを忘れずに!

★全国可搬式移動オービス出現ポイントリスト・西日本編(黄色地は新着データ)

近畿


中国四国


九州


※掲載した移動オービス情報は、読者からの投稿によるものであり、あくまでも目撃情報です。常時、取り締まりを実施しているわけではありません。

最新交通取り締まり情報や、お出かけ前のオービスポイントチェックは、こちら!⇈

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング