横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30」が三菱の新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」「eKスペース」の新車装着タイヤに!

MotorFan / 2020年3月20日 13時0分

横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30」が三菱の新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」「eKスペース」の新車装着タイヤに!

3月19日、横浜ゴムは三菱の新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」「eKスペース」の新車装着用タイヤとして、「BluEarth-FE AE30(ブルーアース・エフイー・エーイーサンマル)」の納入を開始したことを発表した。装着サイズは「155/65R14 75S」だ。

優れた低燃費性能とともに、静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフなどの基本性能をハイレベルでバランス

 「BluEarth-FE AE30」は「環境性能のさらなる向上+人に社会にやさしい」をテーマとしたグローバルタイヤブランド「BluEarth(ブルーアース)」の低燃費スタンダードタイヤ。優れた低燃費性能を発揮するとともに、静粛性や快適性、乗り心地、ロングライフなどの基本性能をハイレベルでバランスさせているのが特徴だ。

横浜ゴム「BluEarth-FE AE30」

 新型「eKクロス スペース」「eKスペース」は、先進の運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」をメーカーオプションで設定するとともに、予防安全技術「三菱e-Assist」を標準装備。「ekクロス スペース」は力強いSUVテイストのデザイン、「eKスペース」はスタイリッシュで親しみやすいデザインとし、使い勝手の良い快適な室内空間を備えたモデルとして、目下、注目の軽自動車だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング