ビヨンセのランジェリー姿が怖いと話題に!

Movie Walker / 2014年11月29日 15時7分

ビヨンセの下着姿が怖い!/SPLASH/アフロ

ビヨンセが、昨年セルフアルバムとして発売して話題になった5作目のアルバム「BEYONCE」の中から、シングル「Haunted」のミュージックビデオを公開した。その中で着ているセクシーなはずのランジェリー姿が、むしろ怖すぎると話題になっている。

「Haunted」は、全世界でシリーズ累計1億部を突破した官能ロマンス小説の映画版『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(15年2月13日公開)のサウンドトラックに収録されるという噂もある話題の楽曲だ。

「ベッドの上で、王冠に黒いカットアウトのレースのブラ、ガーターベルトのようなレースのショーツ姿で体をくねらせるビヨンセは、セクシーなはずだ。しかし、濃すぎるメイクやアグレッシブな表情や動きは、『セクシーというよりも怖すぎる!』という意見の方が多いようだ」と、デイリー・メール紙のサイトが写真やビデオクリップ付きで報じている。

ビヨンセが、鼻の穴を広げてアグレッシブに歌う様子は、昨年のスーパーボウルのパフォーマンスでも話題になっていた。【NY在住/JUNKO】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング