ホアキン・フェニックスの婚約は嘘だった!ツイッターが大炎上

Movie Walker / 2014年12月10日 12時54分

ホアキンの婚約発表は嘘だった!/写真:SPLASH/アフロ

8日に、ホアキン・フェニックス(40)自らが米CBSテレビ番組レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンで電撃婚約を発表したが、一夜明けた9日、米ABCテレビの朝の情報番組グッド・モーニング・アメリカに出演したホアキン本人が、婚約話はでたらめだったことを認めた。

12日から全米公開される『Inherent Vice(原題)』のプロモーションでデイヴィッド・レターマンの番組に出演した際には、普段は無口で不愛想なホアキンが、顔を赤らめながらわざわざ床に寝そべって当時の様子を再現し、ヨガインストラクターとの馴れ初めを語っていた。

しかし、グッド・モーニング・アメリカが「ホアキンは、婚約していません。ホアキンは、私生活の話を少し面白いものにスパイスアップしたかっただけのようです」とツイッターで報告し、各メディアがホアキンの作り話を一斉に報じている。

ホアキンは同番組で、「僕の私生活はつまらないものだから、聞いても面白くないと思って、なんか面白い話はないかなって考えたんだ。観客に好きになってもらいたかったから、この話を思いついた。皆、誰かが結婚するって話を聞くのが好きだから、結婚することにしようって。なんならまた婚約するよ」と語ったという。

またホアキンの広報も、「彼は、ナチュラルかつ並みはずれたユーモアのセンスをもっています。婚約の事実はありません」と英インディペンデント紙で正式に婚約を否定している。

ホアキンが、初めから同番組で婚約を否定する筋書きだったのかは明らかではない。同業者のみならずファンからも大きな反響があったため、悪ふざけが過ぎたことを認識しての報告だった可能性もあるが、謝罪はしていない。またホアキンによれば、司会者のデヴィッド・レターマンもホアキンの話が嘘であることは知っていたようだが、ホアキンの行為には賛否がわかれている。

「初対面で、『去勢されたオス豚』のポーズを取らせるヨガのインストラクターはいないから嘘くさいとは思ったけど、司会者とともに視聴者をばかにするにもほどがある」「いくら視聴者を喜ばせたいからといてやりすぎ。変わり者でもいい俳優だと思っていたけど、やっぱり人間性を疑うわ」という怒りの声でツイッターが炎上する一方で、「なんか話が不自然だとは思ったけど、ホアキンならありかもって思ってしまった。彼の創造性は無限だ!」「顔を赤らめての熱演に完全に騙された!さすが演技派俳優だ」「セレブでしかも40歳にもなれば周囲からの結婚のプレッシャーはすごそうだから、気の毒な気がする」といった絶賛と同情の声も多く寄せられている。【NY在住/JUNKO】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング