本田翼、「泣かないよ!」と涙こらえる。『アオハライド』原作者からの感謝の手紙に瞳ウルウル

Movie Walker / 2014年12月13日 15時39分

本田翼、咲坂伊緒からの手紙に感激!

累計発行部数930万部を突破する人気少女コミックの映画化『アオハライド』の初日舞台挨拶が12月13日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主演の本田翼、東出昌大をはじめ、新川優愛、吉沢亮、藤本泉、千葉雄大、高畑充希、三木孝浩監督が登壇。原作者の咲坂伊緒から熱い感謝の手紙を贈られた本田が、瞳を潤ませながらも「泣かないよ!ヒーローは泣かないんです!」と健気に涙を堪えた。

主人公・双葉と彼女の初恋の人・洸のもどかしく切ない恋が、ふたりを取り巻く仲間たちとの友情とともに描かれる本作。もともと原作ファンだったという本田は、「たくさんのファンの方がいる原作。どう認めてもらえるか悩みました」と双葉役へのプレッシャーを告白。咲坂からの手紙があることを知らされた本田は「ええ⁉︎」と驚くことしきりで、三木監督が代読した内容に聞き入った。

手紙では、本田の双葉役への抜擢は「ミラクルがきた」と思うほど、咲坂にとっても喜びであったことが明かされた。さらに「双葉はヒロインだけどヒーロー性も兼ね備えた女の子。翼ちゃんが双葉役で良かったと心から思っています」との熱い感謝の言葉が綴られており、思わず「すごく嬉しいです」と瞳を潤ませた本田。周囲から「泣いてる」と言われると、本田は「泣かないよ!泣いてないよ!ヒーローは泣かないんです」と翼スマイルを見せ、会場から大きな拍手を浴びていた。

またクロストークでは、千葉が「二人がすごいイチャイチャしてた」と本田と東出をいじり、本田が「イチャイチャしてたのは、東出くんと千葉くんの方」と応戦。「モテないことを悩んでいる」と暴露された吉沢が、「どうやったらモテるんですかね」と千葉に相談するなど、劇中同様、誰かが話すと誰かが突っ込むなど、仲睦まじい様子を見せた一同。

そんな中、本田が「東出くんがすごい無茶振りしてくるのがイヤ。今後、私たちが二人で恋愛ものをすることはないね!」と宣言する一幕も。東出も「お互いの本性を知っちゃったからね。笑っちゃうね」と同調すると、本田は「『アオハライド』が最初で最後の東出くんとやる恋愛ものです。だからこそ、すごく良い作品になった」と笑顔でアピール。ノリノリのトークに、会場も大喜びだった。【取材・文/成田おり枝】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング