ハッキング被害でアンジェリーナ&ブラッド夫妻がサイバーセキュリティチームを雇う!

Movie Walker / 2014年12月20日 12時11分

サイバーセキュリティーチームを雇ったと話したアンジー/写真:SPLASH/アフロ

アンジェリーナ・ジョリーと、ブラッド・ピットが、6人の子どもたちをネット被害から守るために、サイバーセキュリティチームを雇ったことがわかった。

今週発売のピープル誌に、アンジェリーナが独占取材として応じた際に語ったもので、「今は本当に恐ろしい時代になったわ。特に子どもたちにとってはね。でも、ブラッドにも私にも理解不能な世界で、何に気を付ければいいのかすらわからないから、子どもたちを守るためにサイバーセキュリティチームを雇って、インターネットを監視してもらっているの」

「私が子どものころに、ネットやソーシャルメディアがなくて本当に良かったと思っているわ。私は時代遅れかもしれないけれど、フェイスブックもツイッターもインスタグラムも使っていないし、ノートに書く方が好だから」と語っている。

11月末に発生した、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのハッキング事件で、関係者の内部メールがリーク。アンジェリーナは中傷された1人であるが、伝染性のある水疱そうにかかっているため、恐らくこのインタビューは少し前に行われたものだと思われる。

セレブのヌード写真リーク事件や、今回の一連の騒動で、ハッカーの要求通りクリスマスに公開予定だった『The Interview(原題)』の公開が中止となり、インターネット社会の恐ろしさを改めて痛感させられたようだ。またブラッドは、一連のハッキング事件で妻のアンジェリーナが非難されたメールのやり取りについて、「ハッキングされた内部メールをリークするメディアが問題だ。でも読む側にも責任がある」と、厳しくメディアの行為を非難している。【NY在住/JUNKO】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング