ももクロが主演映画の予告編で新曲「青春賦」初披露!

Movie Walker / 2015年1月9日 8時0分

映画の中でキラキラ輝くももクロメンバー/[C]2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

ももいろクローバーZの5人が演じる高校の弱小演劇部が、全国大会を目指す姿を描く青春群像『幕が上がる』(2月28日公開)。今回、ももクロの魅力がたくさんつまった予告編映像が解禁され、先日発表となった主題歌「青春賦」も初披露となった。

予告編は、黒木華演じる吉岡先生から、まさに鬼の形相でド迫力の演技指導を受ける演劇部員たちの姿から始まる。映像では初お披露目となる吉岡先生役の黒木は、自身も学生演劇から発掘され、『小さいおうち』(13)でベルリン国際映画祭の最高女優賞を受賞した期待の実力派女優。鍛え上げられた演技力を全力で発揮する。

演出・脚本担当としても演劇部を引っ張っていかなければならない、百田夏菜子が演じる高橋さおり、演劇部の看板女優で玉井詩織が演じる橋爪裕子(ユッコ)、部内のムードメーカーで高城れにが演じる西条美紀(がるる)、演劇強豪校からの転入生で有安杏果が演じる中西悦子(中西さん)、さおりを慕うしっかりものの後輩部員で佐々木彩夏が演じる加藤明美(明美ちゃん)。

それぞれ抱える悩みや困難に対峙し、ひとつの目標に向かっていく姿に、ももクロの新曲である主題歌「青春賦」のメロディが感動的に重なる。

希望と不安が入りまじる高校生を主人公に、誰もが経験する葛藤を瑞々しく描き出す本作は、同世代の学生たちはもちろん、かつて彼女たちと同じように10代を過ごし、その先を生きてきた大人たちの心にも響くはずだ。いつも全力のパフォーマンスを見せるももクロが新たに挑戦した、全力の青春映画を目撃してほしい。【Movie Walker】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング