ストレスよりも胃潰瘍になる大きな原因とは?

MYLOHAS / 2019年5月7日 7時20分

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

胃薬を飲む女性 images via shutterstock

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因は、ストレスだと思っている人が多いかもしれません。

しかし、もっとも大きな原因はピロリ菌感染と、痛み止めをはじめとする飲み薬の影響です。この2つが原因の98%を占め、ストレスは症状を悪化させるように働くようです。

飲み薬のなかで問題が起きやすいのは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる次のグループ。

風邪のときに飲む解熱鎮痛薬 関節痛や腰痛に対する痛み止め 血をサラサラにする薬などの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

痛みは体の炎症によるもので、体を元の状態に戻そうとする免疫反応のひとつ。薬を飲んで炎症をおさえると、胃の粘液を守る力も低下して、胃が荒れやすくなってしまいます。

特に日本人は、痛み止めで胃潰瘍になりやすいという特徴があるとのこと。薬による胃潰瘍はピロリ菌による胃潰瘍とくらべて痛みが少なく、症状の進行に気付かないこともあります。

痛み止めを続けて服用するときは、必ず医師の診察を受け、消化管の状態も確認してもらいましょう。

30日間の「胃腸を強くする方法」をもっと見る

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康 (幻冬舎新書)

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康 (幻冬舎新書)

842円

購入する

「胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」(幻冬舎新書)

胃腸book

「胃痛の原因はストレス」「ヨーグルトで便秘が治る」――そんな誤解をしていませんか? 人間の体は巨大な一本の管=消化管でできているのに、私たちは驚くほどその実態を知りません。本書では強い消化管をつくるために欠かせない食事や生活習慣を、日本人の体質を研究する予防医学医の奥田昌子さんが解説。なぜ日本人は「胃腸が弱い」のか、その秘密を紐解きます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング