胃腸の調子が悪いときに。レンジで作る、簡単茶碗蒸し

MYLOHAS / 2019年5月21日 16時30分

レンジで作る、簡単・茶碗蒸し 管理栄養士からのワンポイントアドバイス

失敗しがちな茶碗蒸しですが、レンジを使うことで、すだち現象(加熱のしすぎで穴があいてしまうこと)を抑え、なめらかに仕上げることができます。

卵は、加熱することで消化がよくなるため、胃腸の調子が悪いときにも適した料理になります。ストレスや風邪、食べすぎなどで胃もたれがするときや、夜遅い時間の食事にもぴったりです。

レンジで作る、簡単・茶碗蒸し

<材料4人分>

卵 1個(60g) 和風だし 小さじ1/3 水 200ml 薄口しょうゆ 小さじ2 みりん 小さじ1 しいたけ 1枚(25g) みつば 2~3本(5g)

<作り方>

しいたけ、三つ葉は食べやすい大きさに切る。 ボウルに卵を割り入れ、水、和風だし、しょうゆ、みりんを入れよく混ぜる。 2の卵液をこす。 器に1と3を入れ、ふんわりとラップをする。 200Wのレンジで2分ずつ様子をみながら加熱する。1人分は4〜6分でできあがり。 もっと簡単レシピを知りたい人へ体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

[Diet Plus]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング