「女」とトラブルを起こさない! 女性全般に好かれる女性になるには?

MYLOHAS / 2019年10月9日 7時20分

「女子の人間関係って、なんかめんどくさい! 」そう感じたことはありませんか?

いわゆる「女」の嫌な部分や、「女」同士が生み出すイライラのメカニズムを知り、軽やかに生きる方法を、精神科医の水島広子先生の著書から、毎日ひとつずつご紹介します。

(すぐ感情的になる、裏表がある、群れたがる、張り合ってくる……こうした「女」の嫌な部分を、この連載ではカッコつきの「女」と書いています。これは女性そのものを意味するのではなく、一連の困った特徴のことを呼ぶと理解してください)

「女」とうまくかかわるコツ image via Shutterstock

「女」とうまくつきあっていくためのポイントはふたつです。ひとつは、「女」をバカにしたり見下したりしない、ということです。そうではなく、「傷ついた心」として、癒やしの対象として「女」を見ていきます。

もうひとつのポイントは、自分自身が「女」にならないことです。「女」は「女」を嫌いますが、「女」も含めた女性全般に好かれる女性は「女」度が低い人です。さっぱりしていて、温かく、後腐れがなく、嫉妬もせず、裏表がなく、正直で、誠実で、一貫性があって、という女性はあらゆる女性に好かれますね。

これは、傷ついた存在である「女」を安心させる姿勢だからです。決して自分を裏切らず、自分を一人の人格として尊重してくれることがよくわかるのです。

「女」とうまく関わっていくということは、実は、自分の中の「女」とどうつきあっていくか、ということでもあります。

普段は自分の中に「女」をあまり感じない人でも、恋愛をしたり、あまりにも「女」度が高い人と接したりすると、自分の中の「女」が刺激されてしまうこともあります。そんなときに自分の「女」にただ乗っ取られるのではなく、しかし「女」を否認することもせず、ありのままに受け入れ、癒やしていくことを目指しましょう。

女子の人間関係

女子の人間関係

1,430円

購入する

『女子の人間関係』
なぜ、あの“女”(ひと)はあなたの感情を乱すのか? 比べたがる“女”、敵・味方を作りたがる“女”、「自分は自分、他人は他人」ができない“女”、そして自分のなかの“女”……女性同士の人間関係の悩みや、いわゆる「女」の嫌な部分から解放されて生きていくためには、自分と相手の中にある「女」についてよく知ることが大切。対人関係療法を専門とする著者ならではの視点で、女子の人間関係をスムーズにする方法をレクチャーします。

水島広子(みずしま・ひろこ)先生
精神科医。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了(医学博士)。慶應義塾大学医学部精神神経科勤務を経て、現在、対人関係療法専門クリニック院長、慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科)、アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン(AHJ)代表。2000年~2005年衆議院議員として児童虐待防止法の抜本的改正をはじめ、数々の法案の修正実現に尽力。『「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本』など著書多数。

30日間の「女子の人間関係」をもっと見るあなたはあなたのままでいい

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング