イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第75回 聞く・話すを学べる言語学習「Rosetta Stone」

マイナビニュース / 2017年3月21日 9時8分

写真

画像提供:マイナビニュース

○ゼロからの英語学習を無料体験

中学生の頃からそれなりに勉強してきたはずなのに英語を話せないというのは日本人として珍しくないことで、社会人のためのやり直し英語教材などもあふれるほど存在するが、アプリを利用してゼロからやってみるのもお勧めだ。

「Rosetta Stone」は子供が言葉を学ぶようにゼロから覚えるプログラムになっている。PCを中心に利用するダウンロード版ソフトウェアやオンライン英会話なども有名だが、アプリでの学習もできる。英語だけでなくさまざまな言語が学べるから、他言語にチャレンジしたい人にも便利だ。

アプリ利用の場合、レッスン全体を丸ごと1度で購入する買い切り制になっている。アプリのインストール自体は無料で、一通りの機能を体験できる最初のレッスンも無料で行えるから、まずは使い心地を試してみて欲しい。

○登録前基本の雰囲気をチェック

アプリ起動直後の画面には「開始」と「サインイン」というボタンが表示されるが、すでにアカウントを持っているユーザー以外はとりあえず「開始」をタップしよう。

学習可能な言語は24個用意されており、どれも最初のレッスンが無料で体験できるが、日本で普通の教育を受けてきた人に馴染みがあるのは「英語 アメリカ」というレッスンだ。英語はもう1つ「英語 イギリス」というものも用意されている。今回は「英語 アメリカ」の場合で利用方法を紹介しよう。

言語を選ぶと、いきなり1つ目のレッスンがはじまるように見える。「Hallo.」という文字と音、写真を結びつけて写真を選択したり、発音を行ったりする体験だ。Rosetta Stoneのレッスンの雰囲気が少しだけわかるようになっており、これが終わると改めてユーザー登録と言語選択を行う形になる。

○なんとなく理解を進めるスタイルの学習

登録後、学習メニューが表示される。一番左に表示される「ユニット1 言語の基礎」をタップし、ユニット1の学習プログラムを見てみよう。最初の4つ分に鍵表示がなく、無料で体験できることがわかる。基本的には「コアレッスン」を行った上で、続く発音、語彙、文法といった補足学習を行う形だ。

レッスンにはそれぞれいくつの問題があり、標準的な取り組みで何分かかるのかが表示されている。「学習を始める」をタップした後、自分の声に近いものを選んでスタートしよう。

進め方は登録前の体験と同じで、聞こえた音声に合致する写真を選ぶ、示された単語や文章をオウム返しに話すという形で進められる。問題によって、新しい単語の意味を直接示す準備発音のようなものが聞けることもあるが、前問までに得た知識を使ってなんとなく答えるものもある。なんとなく答えたり画面表示を見ているうちに、この動きを示すのはこの言葉なのか、この物を示すのはこういう発音なのか、と理解して行くやり方だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング