深田恭子、瑛太・森田剛らとヒーローコスプレ披露! 山口智子も強烈キャラに

マイナビニュース / 2017年9月7日 19時42分

写真

俳優の瑛太が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜22:00~)の第9話が明日8日に放送される。

このドラマは、1980~1989年に『週刊ヤングマガジン』(講談社)で連載された弘兼憲史氏の同名漫画を原作とする探偵ドラマ。東京都板橋区の下赤塚に事務所を構える「あかつか探偵事務所」を舞台に、面倒な案件ほどやりたがるという一風変わった探偵"ハリネズミ"こと七瀬五郎=ゴロー(瑛太)とその仲間たちが、人情味あふれる哀しい事件や難事件に挑んでいく。

第9話「下赤塚戦士レッドマン」では、5カ月もの家賃滞納問題が発覚し、ゴロー(瑛太)たちは依頼を獲得するために街中で必死にビラを配る。そして、新たに舞い込んだ依頼は、子どもたちのための「ヒーローショー」。幼稚園で働く杏里(樋井明日香)は、夏休みなのに遊びに連れて行ってもらえない園児たちのために、ヒーローショーをやってもらいたいと言う。

探偵とはかけはなれた依頼に困惑するゴローだったが、事務所存続のため、しぶしぶ引き受けることに。しかし舞台当日、招かれざる訪問者が! 園児たちを守るため、最恐ストーカーを追い払うべくゴローたちが奮闘する。

予告映像では、それぞれ赤、青、ピンクの衣装でヒーローに扮したゴロー(瑛太)、グレ(森田剛)、蘭子(深田恭子)に、強烈なコスプレ姿のかほる(山口智子)と萌美(片山萌美)も加わった5人が、ゴローの「下赤塚戦士レッドマン!」という決めゼリフに合わせてポーズ。出演者たちの斬新なコスプレ姿にも注目だ。

(C)TBS

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング