アドビ、Adobe Experience Cloud向けのコンサルティングサービス

マイナビニュース / 2017年9月14日 7時0分

写真

アドビ システムズは9月13日、「Adobe Experience Cloud」の事業強化に向け、コンサルティングサービスを提供する「デジタル ストラテジー グループ」を創設するとともに、新たな人材育成サービス「アドビ デジタル マスターズ ワークショップ」を開始すると発表した。

「Experience Cloud」は、今年の3月米ラスベガスで開催された「Adobe Summit 2017」で発表されたプラットフォームで、Adobe Marketing Cloudに、Adobe Advertising Cloud、Adobe Analytics Cloudを追加した3つのクラウドで構成され、Adobe Cloud Platformを基盤とし、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)のAdobe Senseiを活用できる。

「デジタル ストラテジー グループ」はグローバルで設置が進んでいる組織で、国内外7,000件以上の導入事例に基づいたグローバルなノウハウと人材をベースとしたコンサルティングサービスを提供する。デジタルマーケティングに関連する既存のシステムおよび組織を評価する一方で、業務プロセスの最適化などを通して、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現を支援する。日本では、10名程度の組織だという。

アドビシステムズ 代表取締役社長 佐分利ユージン氏は、「デジタル ストラテジー グループ」について、「デジタルマーケテイングやデジタル型の顧客体験を提供していきたいが、どうやっていいのかわからないという相談をよく受ける。このような企業にコンサルティングサービスを提供してサポートしていくのが『デジタル ストラテジー グループ』だ。ポイントは、7000件の導入実績に基づいた知見やベストプラクティスを提供できる点だ。デジタルトランスフォーメーションは業種を問わないが、傾向してはBtoC領域が多い。顧客と接点がある企業にまず提供してきたい」と述べた。

一方の人材育成サービス「アドビ デジタル マスターズ ワークショップ」は、豊富な知識と高い専門性を持つコンサルタントおよびトレーナーが、Web制作の基礎知識やデータ分析の基礎に関する「ジェネラルトレーニング」とデータ分析やパーソナライゼーションなどの専門知識を習得するための「プロフェッショナルトレーニング」を提供する。

このサービスは、企業のリテラシーを調査し上で、企業ごとに提供するサービスで、アドビ製品を1製品でも購入していれば、利用できるという。

米アドビ システムズ 会長、社長兼CEO シャンタヌ ナラヤン氏は、顧客体験の重要性を強調し、「アドビは35年の歴史がある企業だが、ミッションは変わらず『世界を動かすデジタル体験を』だ。企業のデジタル変革という新しい市場においては大きなチャンスがあり、その背景にはデバイスやデータの爆発的な増加がある。それがすべての業界における課題だ。そのためには、ベストな顧客体験を提供し、差別化を図っていく必要がある。データを使って、パーソナライズされた体験を、すべての接点で提供していきたいという企業にとって、アドビは最適なパートナーになれる。市場のリーダーと遅れをとっている企業の差は、顧客体験の良し悪しだ」と語った。
(丸山篤)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング