約100億円の投資を予定! GMOインターネットのビットコインマイニングの戦略とは?

マイナビニュース / 2017年9月14日 18時33分

写真

●マイニング事業参入のねらいとは?
GMOインターネットが9月7日、最先端の7nm半導体チップを活用し、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。ビットコインのマイニング事業に着手することを明らかにした。仮想通貨市場に衝撃を与えたこの発表への質疑に応えるため、同社は9月13日に説明会を開催。代表取締役会長兼社長・グループ代表の熊谷正寿氏らが登壇した。

○ビットコインの運用で国境のない新たな経済圏の発展を担う

説明会に登壇した熊谷氏は、ビットコインマイニング事業への取り組みについて「仮想通貨は、新しい経済のインフラといえます。仮想通貨によって世界共通の経済圏が発展していく中で、それを推し進める事業の1つであるマイニングに、日本の企業として参画する意義は非常に大きいと考えております」とコメント。インターネットが「情報」の境界線をなくしたように、仮想通貨は「お金」の境界線をなくすだろうと語った。

マイニング事業の最大の課題として同氏が挙げるのは、消費電力だ。ビットコインマイニングは膨大な量の計算処理が必要となり、採掘者同士の競争で優位に立つには大量の電力が必須。この課題を解決する最良の方法として同社が行ったアプローチは、低電力で動くマイニング用の最先端半導体チップを開発すること、そして再生可能エネルギーを利用できる地域である北欧でマイニングを展開することの2つだった。

●マイニングチップ・マイニングセンターの仕様は?
○国内メーカーが設計した7nm製造プロセスのマイニングチップ

次世代マイニングチップは、最新の7nm製造プロセスによって製造されるという。開発メーカーやファウンダリは非公開だが、国内の半導体メーカーと共同研究開発されており、国内製造と公表された。競合製品に比べ56%以上の消費電力効率を予定しており、1チップあたり10TH/秒の処理能力を備えていると説明する。商用の7nm製造プロセスチップとして世界で初めて運用できる製品となる可能性があり、今後のロードマップとして5nmまで視野に入れていると熊谷氏は述べる。

■ 次世代マイニングチップ

製造プロセス・ルール:7nm
予定性能:10 TH/秒(1チップあたり)
消費電力:500W以下(1チップあたり)
給電方式:48V直流給電
体積:競合製品の1/20
対応仮想通貨:ビットコインおよびSHA256方式の代表的なアルトコイン

○安価でエコな再生可能エネルギーを利用する次世代マイニングセンター

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング