日本IBM、システム復旧環境の実効性を高める自動化ソリューション

マイナビニュース / 2017年10月13日 10時0分

写真

日本IBMは10月12日、都内で記者会見を開き、システム復旧の自動化ソリューション「IBM レジリエンシー・オーケストレーション」を発表した。同ソリューションは、IBMが2016年11月に買収したインドのSanovi Technologiesのソフトウェアを既存のIBMレジリエンシー・サービスのラインアップに追加したものとなる。

新ソリューションは、顧客の復旧環境監視、ワークフローによるシステム切り替えの自動化、復旧対策状況の可視化のほか、システム復旧手順を検証してレポートを自動作成する。

日本IBM グローバル・テクノロジー・サービス事業本部 レジリエンシー・サービス事業部長の高瀬正子氏は「近年、クラウド化、ハイブリッド化の影響により、システムやアプリケーションなどが複雑化しているが、そのような環境において日本の企業は最低限のシステム投資で最高のパフォーマンスを求める傾向にある。そのため、売上に貢献するアプリケーションに投資しても、システム復旧に関しては投資が及ばないのが現状となっている。一方で、実際に顧客やITベンダーはシステム復旧に対して、不安を抱えている」と、日本企業におけるシステム復旧の考え方に言及した。

そして同氏は「システム停止が発生した際、迅速に復旧しなければならないが、それには訓練・実行・評価を行うのが一般的だ。しかし実際には、『復旧手順書が多数存在する』『復旧作業に時間を要する』、『リハーサルや準備が煩雑』『専門家が必要』『復旧要員が現場に到着しないと復旧できない』といった課題を抱えている。これらの課題に対して、自動化ツールによる復旧環境の実効性を高めることが不可欠となっている」と、指摘した。

こうした課題を解決すべく、新ソリューションは主要機能として「ダッシュボード」「ワークフロー」「ドライ・ラン」「レポーティング」の4つを備える。

ダッシュボードはRTO(Recovery Time Objectiv:目標復旧時間)/RPO(Recovery Point Objective:目標復旧時点)/データ同期状況やリカバリ対応状況、対象システムごとの対策状況の可視化が可能。対策状況を一覧で確認できるダッシュボード機能を提供することで、RTO/RPOの遵守状況やアラート状況をリアルタイムに可視化することを可能としており、復旧時間を測定し、期待通りの時間を把握することができるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング