ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品

マイナビニュース / 2017年10月13日 22時27分

写真

ゼンハイザージャパンは10月12日、フラッグシップイヤホン「IE 800 S」やヘッドホン新製品「HD 660 S」などの新製品を発表した。発表された製品は、「IE 800 S」「GSP 303 Need for Speed Paybackエディション」「MOMENTUM Free」「HD 660 S」「IE 80 S」の5製品。価格はオープン。発売日は機種によって異なるが、10月26日から11月中旬にかけ順次。

○IE 800 S

独自の7mmトランスデューサーを搭載するカナル型のフラッグシップイヤホン。11月中旬に発売し、市場想定価格は税別120,000円前後。エクストラワイドバンド(XWB)ドライバーの改良版を採用し、繊細かつ臨場感のあるサウンドが楽しめる。また、D2CAテクノロジー(Damped 2 chamber absorber)により、マスキング共鳴からエネルギーを排除。不要な大音量を防止する。

ハウジングはセラミック製で、粘弾性の低反発フォームのイヤーパッドを使用。外耳道にフィットし快適な装着感が得られる。ケーブルはバランス接続可能な2本含む計3本が付属。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 8~41,000Hz(-3dB)、5~46,500 Hz(-10dB)
インピーダンス: 16Ω
音圧レベル: 125dB
ケーブル長: 約1.1m(Y型)
付属品: イヤーアダプターセット(標準シリコンS/M/L、ComplyフォームS/M/L)、キャリングケース、クリーニングツール
重量: 約8g(ケーブルを含む)

○GSP 303 Need for Speed Paybackエディション

密閉型ゲーミングヘッドセット「GSP 303」をベースにした、カーレースアクションゲーム「Need for Speed」とコラボレーションモデル。11月10日より限定100台で発売される。市場推定価格は税別11,000円前後。

形状記憶フォームイヤーパッドにより、クラス最高の音響シールディングを提供。セパレートヘッドバンドとあわせて、快適な装着感とフィット感が味わえる。右側のイヤーカップにはボリュームコントローラを内蔵。マイクはノイズキャンセリング機能付きで、アームを上げるだけでミュートが可能。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 15~26,000Hz
インピーダンス: 19Ω
音圧レベル: 113dB
付属品: オーディオアダプタPCV05
重量: 約18g

マイナビニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング