ドスパラ札幌店、リニューアルオープン1周年を記念し「ドスパラ札幌店 感謝祭」を開催 - 限定セールのほか、豪華商品が当たる参加型イベントも用意

マイナビニュース / 2017年12月7日 18時50分

写真

画像提供:マイナビニュース

都内でも冬将軍の訪れが近付いていると感じる11月の末日、編集部にドスパラ広報部から挑戦状と言うか、脅迫状と言うか、招待状と言うか、ちょっと変わった案内状が送られてきた。いまどき、メールじゃなくて封書かと思って開けてみると「ドスパラ札幌店で探偵を探せ」とある。え?何で札幌?何で探偵?と訝しく思いながらも、出張費で行ってきて良いという話になったので、懇請に従って旅支度を済ませ、羽田空港へと向かった。

ドスパラ札幌店で待っていたのは、同店の店長、小林寛史さん。今回、筆者を呼び寄せるという企ての首謀者の一人である。はじめましての挨拶の後、いや、実はですねと切り出されたのは、12月9日、10日の2日間に亘って実施される、ドスパラ札幌店のリニューアルオープン1周年記念の大感謝祭の話題だった。

正確に言うと「大」はつかなくて、「ドスパラ札幌店 感謝祭」と銘打たれているらしい。が、その中味は「大」と題して偽りのないような充実したものになるようだ。さっそくそのコンテンツを紹介、と行きたいところだが、その前にドスパラ札幌店の各フロアを案内しておこう(もったいぶらずにさっさと行けよという声が聞こえてきそうだが、これ、当日、重要な意味を持つのだ。多分)。

お店の顔とも言える1階はデジノスPCとゲーミングPC/デバイスの取扱いでお馴染みの「GALLERIA Lounge」という構成。陳列されている商品は全部、手にとって試用することができる。道内随一を誇る品揃えで、ゲーマーなら一度は覗いておきたいフロアだ。

2階は自作パーツを中心に一般ユース用の液晶モニターなどが展示されている(ゲーミング向けの液晶モニターは1階で展開)。同じフロアにある「ドスパラボ」では展示品すべてを試せるようになっている。工具類の貸し出しサービスも行っているほか、組み立てのスタッフ付き添いサービスなども実施している。

3階はデジタル雑貨を扱う「上海問屋」に中古コーナー、秋葉原店でもお馴染みの「ドスパラ VRパラダイス」という構成。中古コーナーでは「リノベーションPC」も購入できる。コンディション良好な中古マシンに新品のビデオカードなどを取り付けて販売するという形態で、本格的なゲーミングPCが5万円台から手に入る。

4階は修理などのサービス、VRパラダイスの予約、中古品の査定などを行っている総合受付を設置。待ち合いスペースは広々としており、自動販売機でスタッフ一押しのドリンク類を買って順番を待つことができるという、ちょっとしたカフェになっているのだ。

マイナビニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング