電子チケットを利用したリアルタイムOne to Oneマーケティング

マイナビニュース / 2018年1月10日 16時40分

写真

画像提供:マイナビニュース

データテクノロジーカンパニーのフロムスクラッチが開発・提供するマーケティングプラットフォーム「b→dash」と、トランスコスモスの立ち上げたplaygroundが提供するコミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」は、1月10日から機能連携を開始。プロスポーツの試合や音楽コンサートなどのリアルイベント領域で、ビッグデータを活用したOne to Oneマーケティングを支援すると発表した。

「b→dash」は、企業が保有するユーザーデータ・広告データ・購買データなど、マーケティングプロセス全体に渡る、あらゆるビッグデータの取得/統合/活用/分析/改善を可能にするSaaS型のマーケティングプラットフォーム。「Quick Ticket」は、スマートフォン内のコミュニケーションアプリ(LINE/Facebook/メールなど)を介して電子チケット受け取りを実現したコミュニケーション型電子チケット発券サービスだ。

今回、「b→dash」と「Quick Ticket」が機能連携することで、LINEやFacebookなどのコミュニケーションアプリを介した電子チケットを、マーケティング施策に活用きるようになる。来場者データをリアルタイムに取得できるようになることで、球場やスタジアムで顧客の温度感が高い状態のときに接点を持つことが可能になるという。

例えば、ユーザーが来場した際、過去の来場履歴やチームのサイト訪問回数などにより、1人1人に合わせた適切な情報を配信することができる。プロスポーツチームであれば、選手や監督はもちろん、チームを取り巻く環境など普段見ることができない裏側をコンテンツ化し、試合会場で配信することによりファンエンゲージメントを高めることも可能だ。

そのほか、試合前には売店での飲食クーポン、グッズ販売店で使える割引クーポンなど、データに基づく適切な施策を来場者1人1人に提供することもできる。

なお、今回の機能連携に先駆けて行われた実証実験では、連携前に比べて来場者アンケートでの満足度が68%上昇。今後は、両社の機能連携を強化していき、リアルイベントを主催する企業と来場者との関係を深めるサービスを開発・提供していくとしている。
(安川幸利)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング