軍事とIT 第227回 既存民生品の活用(1)通信サービスの利用例

マイナビニュース / 2018年1月13日 11時30分

写真

画像提供:マイナビニュース

今回から、COTS(Commercial Off-The-Shelf)、つまり既存民生品の活用を取り上げてみようと思う。どうして「軍事とIT」でCOTSかといえば、情報通信分野において、最も活用が盛んに行われているからだ。そうなると、真っ先に思いつくのはコンピュータ機器やネットワーク機器の話なのだが、その話は後に回して。
○民間の通信サービスも使われる

さすがに四半世紀ぐらい前の話なので記憶があやふやなのだが、まだソ連という国が実在していた冷戦期に、「NTTの通信網は軍用にも使われているので、第3次世界大戦になったらNTTが攻撃される」との論を展開していた人がいた、と記憶している。

真偽の程はともかく、軍用通信が民間の通信サービスを利用している事例、今でもいろいろあるのは事実だ。

ポピュラーなところでは衛星通信がある。国によっては軍が自前の通信衛星を保有・運用しているし、アメリカ海軍みたいに「空軍が運用している全軍共用の衛星とは別に、内輪で使うための通信衛星を別に自前で用意している」なんていう豪気な事例もある。

ただし、そんな国は少数派。自国だけで用意できなければ、複数の国で相乗りして衛星を調達・運用することになり、ヨーロッパにはそういう事例がある。しかし数的な主流は、民間の通信衛星を借り受ける方法だろう。

だいたい、自前の通信衛星をたくさん打ち上げているアメリカ軍ですら、それでは足りずに民間の衛星を借りている。使い過ぎ……なのかどうかは知らない。
○通信衛星を借りる場合

通信衛星とは煎じ詰めると、受信した電波を送り返す中継器の集合体である。その中継器をトランスポンダーといい、なぜか「本」を単位として数える。

ひとつの衛星に複数のトランスポンダーを搭載しているので、個々のトランスポンダーを単位として顧客を区分することは、物理的に可能であろうと思われる。

たとえば、日本には放送衛星システム(B-SAT : Broadcasting Satellite System Corp.)という会社がある。同社が運用するBSAT-3b衛星はロッキード・マーティン製で、同社のA2100AバスにKuバンドのトランスポンダー12本を搭載している。同じバンドだけとは限らず、異なるバンドのトランスポンダーを併載している衛星もある。

そこでどこかの国の軍が、衛星オペレーターに対して「○○衛星のKuバンドのトランスポンダーを10本、10年契約で借りたい」とかいった形で契約するわけだ。物理的に独立したデバイス同士であれば、軍用の通信と民間用の通信は分離しやすい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング