テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第2回 テレビマンの夢込められた規模の大きさ『さんま・玉緒のお年玉』

マイナビニュース / 2018年1月14日 21時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

テレビ解説者の木村隆志が、今週注目した"贔屓"のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第2回は『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』(TBS系、1月8日21:00~22:54)をピックアップする。

今年で24回目の放送となる正月番組の超定番だが、いまだ人気は衰え知らず。その秘けつは、「スタジオ撮影か、ゆるい街ブラばかり」のバラエティ番組とは一線を画す、スケールの大きさだろう。

そもそも、夢の募集からして規模が大きい。ホームページや手紙で1年中募集しているだけでなく、昨年8月の岐阜県下呂温泉から、仙台、岩手、郡山、愛知、茨城、栃木、東京、浜松……ディレクターが放送直前の12月まで全国をくまなくめぐり、「夢インタビュー」を敢行。過去最高となる1万1千人もの夢を集めた。
○夢実現の鍵を握るインタビューのリアクション

明石家さんま

今回実現した夢は、大阪の小学6年生(12歳)の「図鑑でしか見たことのないような鉱物の景色を見てみたい」、岡山の高校2年生(16歳)の「プロと一緒にプロジェクションマッピングを作りたい」、大阪のOL(25歳)の「『A-Studio』に出て鶴瓶さんに友達を褒められたい」、神奈川の"加藤綾子"さん(28歳)の「さんまさんに結婚する彼と逢ってほしい!」、映画『チア★ダン』のモデルとなった福井商業チアリーダー部の「サンボマスターの生演奏で踊りたい」の5つ。

正直、「サンボマスターの生演奏で踊りたい(顧問の先生に大好きな曲のサプライズで恩返し)」は、2年前の「箕面自由学園高チアリーディング部員が恩師に木村拓哉と会わせてあげたい」にそっくり……と感じたが、当番組の楽しみは夢の内容のみではない。「うれしい~!」と目を輝かせた鉱物少年、震えが止まらず「無理です」を繰り返したOL、驚きでのけぞる明石家さんまファンの新郎など、ドキュメンタリー番組らしい一般人のリアルな描写だ。

2010年代に入ってから一般人の出演する番組は増える一方だが、当番組ほど大きなリアクションが見られる番組はない。これは裏を返せば、「夢インタビュー」で大きなリアクションをしておくことが夢実現の近道とも言える。実際、「鉱物を熱く語る小学生」はインタビュー時から、オープニングを飾るにふさわしいインパクトを残していた。「夢インタビュー」は番組公式ツイッターで出没予告をしているだけに、どうしても実現させたい人は、ネットや手紙の応募ではなく、ロケ地を訪れてみてはいかがだろうか。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング