「おかあさんといっしょ」初の映画が公開 - ガラピコぷ~はアニメに

マイナビニュース / 2018年2月15日 9時53分

写真

画像提供:マイナビニュース

NHK Eテレの人気子ども番組「おかあさんといっしょ」の映画版、『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』が9月7日、全国公開されることになった。

ストーリーはゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんがスタジオを飛び出して、さまざまな場所へ冒険に出掛けるというもの。お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容になっているという。

また、大人気の体操「ブンバ・ボーン!」も登場。人形劇「ガラピコぷ~」は、初めてオリジナルアニメ化される。チョロミー、ムームー、ガラピコがいつもの「しずく星」を飛び出し、初めて訪れる星へ向かうという冒険の様子が描かれる。

1990年に「おかあさんといっしょ」内で放送されていた人形劇「にこにこ、ぷん」が劇場アニメ『海だ! 船だ! にこにこ、ぷん』として公開されているが、お兄さんお姉さんによる歌や体操のパートと、アニメパートで構成される1本の映画としては、本作が初の映画化となる。

2018年9月7日より、全国のイオンシネマなどで公開される。

<ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんからのメッセージはこちら>

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング