ローソン、グリーンスムージーをリニューアル - 人工甘味料を不使用に

マイナビニュース / 2018年4月10日 16時19分

写真

画像提供:マイナビニュース

ローソンは4月10日から順次、「NL グリーンスムージー200g」と「NL グリーンスムージー Off&Plus200g」を、全国のローソン店舗(「ローソンストア100」を除く)でリニューアル新発売する。

両商品は「毎日飲みたいが、人工甘味料が気になる」という声を受け、野菜と果物の配合量を見直し、人工甘味料は不使用でやさしい甘さに仕上げた。

「NL グリーンスムージー200g」(178円)は、ケールなど11種の野菜と3種の果実をブレンドし、1食分の野菜(118g)を使用したグリーンスムージー。着色料、増粘多糖類は不使用。

「NL グリーンスムージー Off&Plus200g」(198円)は、4月17日に発売。着色料、増粘多糖類不使用で、1食分の野菜(118g)を使用した。糖質は18.4g(エリスリトールを除いた糖質5.0g)で、カロリーは39kcal。1食分の食物繊維6.4g (消費者庁「栄養素等表示基準値」より一日の推奨摂取量19g)も摂取できる。

新商品の「NL グリーンスムージー One Day200g」(198円)は4月10日に発売。ケールなど11種の野菜と4種の果実をブレンドし、野菜と果汁の味を引き立たせるアガベシロップを加えた。着色料、増粘多糖類は不使用。一日分の野菜(350g 以上(厚生労働省「健康日本21」より)を使用している。

※価格はすべて税込
(フォルサ)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング