ワイヤレスでもハイレゾ音質、Olasonicの新Bluetoothスピーカー

マイナビニュース / 2018年5月17日 14時22分

写真

画像提供:マイナビニュース

インターアクションは5月17日、OlasonicブランドのBluetoothスピーカー「IA-BT7」を発表した。ハイレゾのコーデックに対応したBluetoothモジュールに加え、単品オーディオで使われているスピーカーユニットやアンプ、木製キャビネットなどのパーツを使用することで、Bluetooth接続ながらハイレゾの高音質が楽しめるようにした。価格はオープンで、予想実売価格は税別30,000円前後。発売は6月8日。

キャビネットは、本格的な単品スピーカーでも使われているウッドを採用する。カラーは、木目を生かしたウォルナットと、光沢のあるピアノ塗装に仕上げたシルクホワイトの2色。

スピーカーは、57mm径のフルレンジスピーカーユニット2基に加え、110mm径の大口径サブウーファーを中央に搭載する。アンプは、高音用アンプと低音用アンプを独立させたバイアンプ構成とし、スピーカーとウーファーの干渉をなくしてクリアな音を再生できるようにした。

Bluetoothモジュールは、高音質コーデック「LDAC」(24bit/96kHz)と「Qualcomm aptX HD」(24bit/48kHz)の両方に対応したQualcommのCSR8675を採用。24bit/96kHzのADコンバーターも搭載し、アナログ音源もハイレゾ音質で楽しめる。NFCによるペアリングにも対応する。

電源はACアダプターを使用し、バッテリー駆動には対応しない。本体サイズはW275×H144×D65mm、重さは約2.2kg。
(磯修)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング