全日空商事と横浜市立大学、データサイエンティスト分野の協定締結

マイナビニュース / 2018年6月14日 11時16分

写真

画像提供:マイナビニュース

全日空商事と横浜市立大学は6月13日、データサイエンスの知見を活用し、学生教育と社会連携の推進を目的とした「産学連携に関する基本協定書」を締結した。

横浜市立大学では、2018年4月に首都圏初のデータサイエンス学部を開設し、ビッグデータから新たな価値を生み出すデータサイエンス人材の育成に取り組んでいる。一方、全日空商事は、ANAグループの商社として新たな価値の創出にデータサイエンスの知見を積極的に活用していくべく、今回の協定を締結したという。

協定締結により、双方が持つ人的・情報資源やノウハウとの相乗効果を期待し、人材交流を通じた人材育成や共同研究を進めるとともに、将来的には、データサイエンスの知見を活かした商品・サービスの提供を目指していく。

両者は今後期待される連携内容として、データサイエンスセミナーの開催やインターンシップの実施、共同研究等の実施を挙げている。
(安川幸利)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング