ユーザー登録なしで最大2.5Gのファイルを共有できる「Firefox Send」登場

マイナビニュース / 2019年3月15日 9時30分

写真

画像提供:マイナビニュース

Mozillaは3月12日(米国時間)、「Introducing Firefox Send, Providing Free File Transfers while Keeping your Personal Information Private - The Mozilla Blog」において、ファイル共有サービス「Firefox Send」を開始すると発表した。

カウントを登録しない場合は最大1GBまでのファイルを共有でき、Firefoxアカウントでログインすれば最大2.5GBまで共有することが可能。ファイルは、Sendにアップロードしてからファイルが開かれるまでの間、暗号化される。

共有するファイルをアップロードする段階で、ダウンロード可能な回数、ダウンロードが有効な時間を設定できる。現時点ではダウンロード回数1回、2回、3回、4回、5回、20回、50回、100回、保存期間として5分間、1時間、1日、7日を選択できる。ファイルのアップロード後はURLが表示される仕組みになっており、ダウンロードしてもらいたい相手にURLを知らせることでダウンロードしてもらう仕組みになっている。パスワードも任意で設定可能。

こうしたファイルサービスはすでに多くのものが存在している。Mozillaは新しくこうしたファイル送信サービスを開始した理由としてプライバシーを挙げている。Firefox Sendはプライバシーに配慮して設計されて開発されており、ファイルはクラウド上に残ることがないとされている。
(後藤大地)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング