DJI「Osmo Action」発表、GoProが強い本格アクションカメラ市場に参入

マイナビニュース / 2019年5月16日 4時6分

写真

画像提供:マイナビニュース

DJIは5月15日、アクションカメラ「DJI Osmo Action」を発表した。背面だけではなく前面にもカラー液晶ディスプレイを搭載、4K/60pの動画撮影をサポートし、「RockSteady」という強力なブレ補正機能を備える。DJIストアでの価格は44,820円(税込)。

GoPro HEROシリーズに似た小さな直方体にレンズを備えたデザインで、サイズは65×42×35ミリ、重さは124グラム。水深11メートルまでの防水性能を搭載する。背面に2.25インチ (325ppi、640×360)、前面に1.4インチ (300ppi)のカラーディスプレイを備え、前面ディスプレイを見ながら自撮りを行える。

有効1,200万画素 1/2.3インチCMOSを搭載し、4,000×3,000ピクセルの静止画や4K/60pの動画の撮影が可能。サポートするフォーマットは、静止画がJPEG/JPEG+DNG、動画はMOV、MPEG-4 AVC/H.264。レンズは明るさがF2.8、画角が145度。歪みを抑えられる3層非球面構造になっている。また、レンズキャップにグレアを減らす効果も持つ2層の指紋防止コーティングが施されている。microSDカードは、最大256GBまでサポートする。

ブレ補正機能の「RockSteady」はEIS (電子式映像ブレ補正)とブレ補正アルゴリズムを組み合わせて、激しいアクションでもブレのない安定した撮影を可能にするという。広いダイナミックレンジでディテールをしっかりと捉えられるHDR撮影にも対応する (RockStedyと同時使用はできない)。他にも、解像度1080p/240fpsの8倍スローモーション、最大120秒の長時間露光にも対応するカスタム露出設定、タイムラプス、タイマー撮影といった撮影モードを備える。

操作は3つのボタン、音声、背面ディスプレイのタッチ操作などで行い、それらを司るAction OSがアクションカメラに欠かせないインタラクティブで素早い操作を提供する。SnapShot機能によって、シャッターボタンを押して2秒以内にプリセットの撮影モードを使った撮影を開始可能。クイックスイッチ (QS)ボタンを通じて、モードや設定、画面の切り替えに素早くアクセスできる。英語と中国語のみだが、撮影、電源オフといったよく使う機能を5種類の音声コマンドでサポートする。そうしたシンプルな操作性と効率性をカスタムモードでパーソナライズできる柔軟性も備える。

バッテリーは1,300mAhで、RockStedyオフ状態の1080P/30fpsの動画撮影で最大135分、RockStedyオンの4K/60fpsの動画撮影で最大63分の撮影が可能。
(Yoichi Yamashita)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング