【写真21枚】コスプレイヤー・えなこ「出したかった」へそ出し衣装にご満悦

マイナビニュース / 2019年6月23日 19時30分

写真

画像提供:マイナビニュース

“日本一のコスプレイヤー”とも呼ばれるえなこさんが6月23日、東京・府中の「ボートレース多摩川」にて行われた「SG第29回 グランドチャンピオン」にアンバサダーとして出演した。同競艇場のオリジナルキャラクターである静波まつり冬用衣装のコスプレでトークを繰り広げた。

トークショーは2部制で行われた。1部に登場したえなこさんは、アンバサダーに就任できたことについて「お仕事できてよかったです」と感謝。続けて「夏バージョンの衣装を初お披露目するので、ぜひ撮りに来てください」と呼びかけた。

その2部では、波をイメージしたというマリンルックのコスプレで再登場。それを見た観客から野太い歓声があがると、えなこさんも頬を緩ませていた。

同衣装のコンセプトは夏。「衣装さんと一緒に相談しながら作ったもので」と話すえなこさんは、静波まつりの元気の良さをイメージしました」と説明。さらに「お腹を出したかったので、出させていただきました」と腹部をアピールした。

また、髪型にもこだわりがあると話し「こういうお団子ってやったことがなかったので、まつりちゃんでやったら絶対可愛いと思って、夏らしくアップにしてみました」と告白。えなこさんは「どうですか、大丈夫ですか?」と恐る恐る客席に尋ねると、観客は大きな拍手で応えた。

イベントではそのほか撮影会も実施。えなこさんいわく「ポージングがさわやかに変わります」とのことで、会場に設置されたステージには、観客が大勢詰めかけた。撮影終了後にMCから「すごいシャッター音でしたね」と問いかけられると、えなこさんは「眩しかった(笑)」とにっこり。最後に「今年の夏はこれを着てアンバサダー活動を頑張りたいと思います」と力強く宣言していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング