有吉弘行、吉本問題のSNS発言を控える理由「これが職人」

マイナビニュース / 2019年7月22日 7時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人の有吉弘行が、21日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN/毎週日曜20:00~)で、反社会的勢力との闇営業問題で謝罪会見を開いた雨上がり決死隊の宮迫博之と、ロンドンブーツ1号2号の田村亮について言及した。

有吉は「宮迫さん、どうしたの? 最近、あんまり見ないね。亮さんも見ないね、最近」などと言っていたが、「俺、『アメトーーク!』に行ってきたよ、だから。宮迫さんいなくなってから」と明かした。

そして「やっぱり、自分のできることやってますよ、粛々と。これがやっぱり職人っていうものですよね。ツイッターでね、ものばかり言っててもしょうがないからね。そんなこと言っている暇があったら、ちゃんと仕事しなさいっていう話で」と語った。

さらに「まだなんか、いろいろありそうだね。明日(22日)は、岡本(昭彦/吉本興業社長)さんが会見やるでしょ?」と述べ、「だから、やっぱり静観して、全貌が分かるまで偉そうなこと言わない方がいいよ。手のひら返したみたいにみんな、なっているけどさ。散々、叩いていた連中が今度は『よくやった』なんて言ってるしさ。よく分かんないよ、ちゃんと見ないと。なんでもいっちょかみしたがるんじゃないよ」と話していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング