Windows 10ミニTips 第412回 WSLで起動する既定のLinuxディストリビューションを指定する

マイナビニュース / 2019年8月14日 0時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

○「wsl.exe」で既定のLinuxディストリビューションを変更

Windows 10でLinuxを使用するWSL(Windows Subsystem for Linux)は、Linuxカーネルを組み込むことで大幅にパフォーマンスを改善する「WSL 2」の開発を進めている。

Windows 10とLinuxを併用するユーザーには待ち遠しいが、Windows 10バージョン1903で動作するのは「WSL 1」。現状でも、UbuntuやDebian GNU/Linuxなど、複数のLinuxディストリビューションをインストールしている読者諸氏も少なくないだろう。

スタートメニューやタスクバーにピン留めすれば、各Linuxディストリビューションを起動できる。コマンドライン操作に慣れているユーザーなら、「bash.exe」を実行してLinux環境を起動することのほうが多いかもしれない。

だが、複数のLinuxディストリビューションをインストールした場合、bash.exeからは既定のLinuxディストリビューションしか起動できない。この設定を変更するのが「wsl.exe」というわけだ。

このように、Linuxディストリビューションは自由に切り替えられる。興味があれば、WSL 2に備えてWSL 1とLinuxに親しんでおくとよいだろう。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング