MS、Webアプリケーション開発の「Web Template Studio 2.0」リリース

マイナビニュース / 2019年8月22日 16時29分

写真

画像提供:マイナビニュース

Microsoftは米国時間2019年8月21日、Webアプリケーション開発を高速化するVisual Studio Codeの拡張機能「Web Template Studio(以下、WebTS)」が大きく進化したことを公式ブログを通じてアピールした。なお、WebTSのソースコードはGitHubで公開している。

新たなWebTSはコミュニティからのフィードバックに基づいて、AngularやVue.js、Flaskといったフレームワークを新たに追加。バックエンドフレームワークはFlaskを加えて、Node.jsとFlaskいずれかを選択できる。Webアプリケーション開発時のウィザードも再設計し、テンプレートの見直しや、クラウドホスティング用にApp Serviceを追加した。

WebTSはUWPアプリケーションの開発を容易にする「Windows Template Studio」と密接な関係にある。Microsoftは「2つのプロジェクトは異なる開発環境と技術スタックを対象としているが、内部では多くのアーキテクチャを共有している」と説明した。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング