有吉弘行、地上波のテレビ番組に提案「シーズン制にすればいい」

マイナビニュース / 2019年9月16日 19時23分

写真

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人の有吉弘行が、15日に放送されたラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN/毎週日曜20:00~)で、地上波のテレビ放送について語った。

有吉は、Amazon Prime Videoで配信中の『有田と週刊プロレスと』を見ていることを明かし、「今、シーズン4ぐらいなんだけど。今、やっている地上波のテレビ番組も、シーズン制にすればいいのにね」と提案した。

続けて「そうすると結構、みんないろいろチャンスも回ってくるしさ、いろいろできそう」とし、「ずっと何年も長寿でやってる番組も、やっていてもいいけど。シーズン制で3カ月ごとぐらいでどんどんコンテンツを変えてやっていったら、チャンスも増えるしマンネリも防げるし、いいんじゃないかなって」と分析した。

アシスタントのデンジャラス・安田和博が「ドラマみたいにクール制で、ということですよね? 1回、区切りをつけるってことですよね」と言うと、「そうそう。なんか楽しそうじゃない? そうすると、チャレンジングなやつもいろいろあったりして」と有吉。そして「でも、そうなっていくんじゃない? たぶんテレビも」と語っていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング