パナソニック、4K Wチューナーの液晶VIERA「GX855」「GX755」 - 43型12万円から

マイナビニュース / 2019年9月20日 13時15分

写真

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは、新4K衛星放送チューナーを2基搭載した4K液晶テレビ「VIERA GX855」シリーズと「VIERA GX755」シリーズを10月18日に発売する。GX855は43 / 49 / 55 / 65V型の計4モデル、GX755は43 / 49 / 55V型の計3モデルを用意し、価格はすべてオープン。店頭価格(税別)は、43V型の「TH-43GX855」が15万円前後、「TH-43GX755」が12万円前後を見込む。

「GX855」と「GX755」は既存のGX850シリーズ、GX750シリーズ(共に19年1〜2月発売)の後継機。新たに新4K衛星放送チューナーを2基に増やしたほか、上位モデルのGX855では付属リモコンを使った音声操作機能も追加した。4K高輝度IPSパネルや吸着タイプの転倒防止スタンドなど、基本仕様は前モデルを引継いでいる。

ラインナップと店頭価格の詳細は以下の通り。
GX855シリーズ

43V型「TH-43GX855」:15万円前後
49V型「TH-49GX855」:16万円前後
55V型「TH-55GX855」:20万円前後
65V型「TH-65GX855」:27万円前後

GX755シリーズ

43V型「TH-43GX755」:12万円前後
49V型「TH-49GX755」:13万円前後
55V型「TH-55GX755」:17万円前後

○全モデル4Kチューナー×2搭載、GX855は高画質機能も

全モデルで4Kダブルチューナーを搭載し、4K放送番組を見ながら別の4K番組をUSB HDD(別売)に録画できるようになった。このため、観たい4K番組の放送時間が重なっても片方を録画予約することで見逃さずに済む。同時に番組録画できる数は、GX855が2番組で、4K放送+地デジなど従来放送、または従来放送×2の組み合わせとなる。GX755は1番組のみ。また、放送番組を1つの画面に横並びで2画面同時表示する機能も備える(4K放送では利用できない)。

解像度3,840×2,160ドットの4K高輝度IPSパネルをすべてのモデルで採用。家族など複数人で一緒に視聴する場合や、テレビを正面ではなく斜めから見る場合も、高い画質で楽しめるという。上位モデルのGX855では倍速表示対応のパネルを搭載している。

HDRフォーマットはHDR HDR10+とHLGに対応。GX855はDolby Visionにも対応する。

いずれも、液晶パネルの輝度情報を微少なエリア毎に制御することで明暗の表現力を高める「エリアコントラスト制御」に対応する。GX855では、このエリアコントラスト制御に加え、LEDバックライトの明るさをエリア毎に分割駆動する「バックライトエリア制御」にも対応。“Wエリア制御”で高いコントラストと階調表現を両立させる。

GX855では、独自の映像エンジン「ヘキサクロマドライブ」による色補正を引き続き採用。暗部の色再現性の向上や、明部の色の鮮やかさなどリアルな質感表現を可能にする。また、地デジ放送など既存のSDR映像をHDRクオリティにグレードアップする「AI HDRリマスター」技術や、入力された映像信号のオリジナル解像度を判別して映像内の部分解析も行いつつ精細感を高める映像処理を施す「4Kファインリマスターエンジン」を導入。

さらに、倍速パネルを採用していることを活かした「オブジェクト検出 倍速処理」にも対応。動きのある被写体を検出してなめらかでクッキリとした動きを実現する。

音質面では、全モデルで出力30Wのダイナミックサウンドシステムを搭載。フルレンジスピーカー×2と同システムで「力強くクリアで抜けの良い音」を追求しており、GX855ではスピーカーボックスを大容量化するなどの工夫を施している。GX855はさらに、立体音響技術のDolby Atmosにも対応し、4K UltraHD Blu-rayや映像配信などの一部コンテンツに収録されているDolby Atmos音声を、VIERA本体のスピーカーだけで立体サウンドとして再生できる。

全機種でEthernetと無線LAN機能を搭載し、各種映像配信サービスをテレビ単体で観られる機能を引き続き搭載。Netflix、Amazonプライムビデオ、hulu、アクトビラ4K、U-NEXT、AbemaTVなどの映像配信サービスに対応する。

操作面では、いずれもGoogleアシスタント / Amazon Alexa搭載スマートスピーカーと組み合わせての音声操作に対応。

GX855は新たに、付属のリモコンに話しかけるだけで簡単にコンテンツの検索やテレビの操作が行えるようにした。「先週の〇〇(番組名など)を検索」、「○○をYouTubeで検索」、「ドラマで○○を検索」といった音声検索のほか、テレビの電源オン / オフ、音量調整、チャンネル切り替え、アプリの起動などの操作が行える。

GX855は吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を引き続き搭載。スタンド底面の吸盤が接地面に吸着し、地震などの強い揺れでも倒れにくい独自構造を採用している。

このスタンドはキッズデザイン賞を受賞し、小さな子どもがいる家庭ではテレビに手をかけたり叩くなどしても倒れず、安心して大型テレビを設置できるとアピールしている。

HDMI入力はGX855が4系統、GX755が3系統。そのほかの入力はコンポジット×1を用意。音声出力は光デジタル音声とヘッドフォンを各1系統備える。USB端子は、GX855が3系統、GX755が2系統搭載する(USB 3.0対応を含む)。

消費電力と年間消費電力量、スタンドを含めた外形寸法 / 重量は以下の通り。
GX855シリーズの消費電力 / 年間消費電力量、外形寸法 / 重量

43V型:155W / 118kWh/年、96.6×24.8×61.9cm(幅×奥行き×高さ)/約17kg

49V型:162W / 130kWh/年、109.9×24.8×69.4cm(同)/約20.5kg

55V型:176W / 136kWh/年、123.5×24.8×77cm(同)/約24kg

65V型:193W / 148kWh/年、145.4×31.9×89.4cm(同)/約35.5kg

GX755シリーズの消費電力 / 年間消費電力量、外形寸法 / 重量

43V型:137W / 99kWh/年、97.4×20.8×62.6cm(幅×奥行き×高さ)/約11kg

49V型:144W / 105kWh/年、110.6×24.2×70.1cm(同)/約15kg

55V型:145W / 115kWh/年、124×24.2×77.9cm(同)/約18kg
(庄司亮一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング