ワコム、Quadro P1000搭載の15.6型液タブ「MobileStudio Pro 16」

マイナビニュース / 2019年10月15日 14時12分

写真

画像提供:マイナビニュース

ワコムは10月15日、Windows 10 Pro搭載の15.6型クリエイティブタブレット「Wacom MobileStudio Pro 16」を発表した。10月18日に発売する。直販サイト「ワコムストア」での価格は418,000円(税込)。よりコンパクトな13型モデルも後日発売される予定。

Wacom MobileStudio Pro 16は、ペンタブレットとタブレットPCを一体化したクリエイティブツール。プロクリエイター向けの高いスペック構成となっており、15.6型のIPS液晶パネルを搭載し、解像度は3,840×2,160ドットの4K、色域はAdobe RGB 85%をカバーする。単体でも動作するほか、Thunderbolt 3ポートを搭載し、Windows PC / Macなどと接続してペンタブレットとしても使用可能。

付属の「Wacom Pro Pen 2」は8,192レベルの筆圧検知に対応。傾き検知が可能で、繊細なタッチやレスポンスなど、高い精度での作業環境を提供する。ダイレクトボンディング方式によりペン先とカーソルとの視差を最小限に抑え、独自のEMR(電磁誘導方式)テクノロジーによりバッテリを内蔵せずとも使用できる。オプションペンとして、鉛筆のように細い「Wacom Pro Pen slim」、3D制作のワークフローに最適な「Wacom Pro Pen 3D」なども用意する。

操作面では、アプリごとに機能を割り当てられるExpressKey×8個を装備。16度 / 30度 / 43度の角度に調整可能なモバイルスタンドも付属する。ソフト面では、ワコムデスクトップセンター、Bamboo Paperなどがプリインストールされている。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8559U(2.7GHz)、メモリがDDR4-2400 16GB(最大32GB)、ストレージが512GB M.2 NVMe SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P1000(4GB)。OSはWindows 10 Pro。読み取り可能範囲は345×194mm。なお、メモリやストレージはユーザー側で増設できる。

ネットワークはIEEE802.11ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×1、Thunderbolt 3×2、SDメモリーカードスロットなど。バッテリ駆動時間は最大5時間。本体サイズはW417.95×D261.6×H21.2mm、重さは2.1kg。
○購入特典

ワコムストアで「Wacom MobileStudio Pro 16」を購入すると、PCと接続してペンタブレットとして利用できる「Wacom Link Plus」、ワイヤレスキーボード、ソフトケース、2本指タブレットグローブが特典としてプレゼントされる。特典期間は10月15日から10月31日まで。
(リアクション)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング